開花宣言しました~上野恩賜公園

P1220835

3月16日(土曜日)東京で桜の開花宣言がありました。

開花宣言があった同日、上野恩賜公園まで行って桜の開花状況を見に行って来ました。

【写真】ソメイヨシノの花は未だ殆ど蕾の状態だったけど上野公園で素敵な出合いがありました。たくさんの人が集まっていたので桜の木の名前を確認できていませんが白い花だったので山桜かな?!

上野恩賜公園 混雑状況

P1220830

写真は15時頃に撮ったものです。

桜の花が満開になる頃には多くの人で溢れかえり歩けなくなるほど桜並木も、肝心なソメイヨシノつぼみばかりということもあって、スムースに歩ける範囲です。

思いの外早い開花宣言となったのか、宴会場所とりの青いシートも見当たりませんでした。

上野恩賜公園 桜の開花状況

P1220826

▲新しく整備された噴水近くに植えられた緋寒桜です。

整備されたばかりなので若い木が多いものの、ほぼ満開で綺麗な姿を見せてくれます。

P1220855

▲殆どがつぼみだった桜並木の中で咲いていた貴重な桜、大緋寒桜です。提灯の用意がされていました。

P1220850

▲上野恩賜公園内桜並木のソメイヨシノ。開花宣言はあったものの固いつぼみの状態が多かったです。

鎌倉天園ハイキングコースを歩くその1 北鎌倉~勝上けん展望台

3月10日(日曜日)は鎌倉まで遠出、山歩きをしてきました。

鎌倉と言うと寺社仏閣巡りが有名だけど、周囲を山に囲まれた地形ということもあって、ちょっとしたハイキングを楽しむことができる山道が幾つかあります。

本格的に山を歩くにはまだちょっと肌寒い3月。冬の間に鈍ったカラダにとっては丁度良い足慣らしとなりました。

P1220426

am9:02 山歩きスタートの場所となった北鎌倉駅にて。

梅の花がキレイに咲いていました。

P1220428

 

am9:02 北鎌倉駅付近にて。

もう何度も訪れた鎌倉ですが、海辺寄りの地域ばかりに目が向いていた為か、JR北鎌倉駅で下車したのは今まで殆ど無かったかもしれません。

P1220455

 

am10:00 円覚寺前にて。

出発早々寄り道で、北鎌倉駅直ぐ傍にある円覚寺に寄ってしましました!!

山に面したお寺で趣がありました。

P1220456

am10:01 北倉駅付近にて。

目的地である「天園ハイキングコース」に向かうには、まずは建長寺を目指します。

P1220458

am10:14 北鎌倉駅~建長寺

15分程度の歩程ですが交通量が多い割に道幅が狭くて注意が必要でした。

P1220462

am10:19 少ブレイク。

朝ごはんを殆ど食べて来なかった友だちが腹ごしらえにと食べた紫芋のコロッケ。私は朝ごはんをたっぷり食べてきたのだけれど一口味見させてもらいました。

甘いのかなぁと思っていたのだけれど、どちらかというとジャガイモ系の味でした。ソールが合いそうです。

P1220463

am 10:20

建長寺に到着しました。

P1220464

am10:21

鎌倉を訪れたのが3月10日。

東日本大震災より2年を迎えることもあって建長寺では追悼・復興祈願祭が行われていました。気仙沼屋台祭りが同時開催されていて、東北から来た若い売り子さんの声など活気に溢れていました。

P1220466

am10:23

目的地である天園ハイキングコースは建長寺の奥から出ているため、建長寺で参拝してから歩き始めることにしました。

P1220468

am10:23 境内にて「こんにちは」

友だちの愛犬すごろく君と一緒に行きました。

 

P1220470

am10:26 三門にて。

緋寒桜かな。日一日と春が近くまで来ていることを実感します。

P1220473

am10:33 法堂にて。

東日本大震災追悼チャリティコンサート会場となっていました。

P1220480

am10:39 得月楼 庭園にて。

目的地であるハイキングコースになかなか到着しませんが(汗)、裏庭まで回ってみました。静かな場所で心落ち着く場所でした。

P1220481

am10:51 法堂裏にて。

復興祈願の催しものが予定されていた模様。拝見したかったけ11:30から開始と聞いて諦めました。

P1220482

am10:53 ようやく?建長寺奥より天園ハイキングコースへ向かう。

建長寺法堂近くにハイキングコース標識がありました。

P1220487

 

am11:00 建長寺~天園ハイキングコース入口へ向かう途上にて。

狛犬さんに迎えられて、予定より随分遅れちゃったけど、これから山道へ入ります。

P1220490

 

am11:04 天園ハイキングコースへ向かう途上にて。

建長寺裏からハイキングコースへ入ると暫く長い階段が続きます。

P1220493

 

am11:10 半僧坊にて。

手と口を清めます。

P1220494

 

am11:10 再び長めの階段を登る。

P1220495

 

am11:11 ハイキングコースへ入ったと思っていたけど半僧坊までは建長寺境内でした。

P1220498

 

am11:15 今度こそ建長寺を抜けました。

P1220500

am11:18 勝上けん展望台付近にて。

鎌倉 天園ハイキングコースからの眺望です。普段だったら相模湾を望む景観なのだろうなぁ思われるも、同日、関東では強風による煙霧で大騒ぎ!だった為か、天気が良い割には今ひとつ遠景がはっきりしませんでした。

P1220565

am 11:22 建長寺より天園ハイキングコースに入って間もなく、コース地図がありました。

その2へ続く。

 

 

谷中の道端で見つけた猫その1

P1210173

 

谷中霊園の中にいました。

霊園内なので墓石に座っていたけど、赤色の首輪があるのでご近所さんの飼い猫さんなのでしょうね。

広い谷中霊園内を歩いていると突如、民家が現れたりしてびっくりすることがあります。

 

 

散策で疲れた時にオススメ!茶遊亭

久しぶりにお気に入りの甘味処、谷中「茶遊亭」へ行って来ました。

日本茶専門店「舎人園」によるお休み処谷中・夕焼けだんだんに面した場所に数年前に出来た「茶遊亭」

清潔感溢れた店内は、女がひとりでぶらりと入っても居心地が良く、お気に入りの店のひとつです。

外観・店内の様子

P1140514

夕焼けだんだんの階段下に入り口が隠れている為に店内の様子が外部から確認することが出来ないこともこともあって、通りすがりの人には入り口が少し分かり辛い、ちょっぴり敷居が高くなっているかも知れない?!と思いつつ、その反面、店内に入れば外部の喧騒が嘘のように静かで落ち着いた雰囲気に浸ることができます。

P1140515

店で特に力を入れているのは福岡八女茶かな?製造元の写真が店内に紹介されていました。茶屋さんというと饅頭など和菓子をイメージさせますが、この店のウリは和洋菓子。和菓子と洋菓子が見事に融合した味を提供してくれます。

P1140511

落ち着いた店内の様子。閉店間際ということもあって貸切状態でした。

日本茶

P1140507

店内でお茶を飲む場合は銘柄によって値段は異なりますが例えば福岡八女茶の場合550円でした。

P1140510

急須とともに具される理由は、差し替えのお湯でおかわり可能であるため。

P1140509

写真は差し湯用のお湯。3煎目までは美味しく飲むことができます。本当は差し湯のおかわりをもう2,3回したいところなのだけど、美味しく頂くことができるのは3煎までとの訓えを守って3杯で我慢しています(笑)。

玄米シュークリーム

P1140500

昨年末に行った時に食べた玄米シュークリームです。茶遊亭へ行ったらまず最初に食べてほしいスイーツがこの玄米シュークリームです。カリカリとした生地の食感と抹茶クリームがよく合います。

P1140508

玄米シュークリームの中で更にオススメなのが抹茶クリーム!ナンタってお茶屋さんですからね。夕方になると人気の品から売り切れとなることがあるので、どうしても食べたいと思う人は早めに店に行ってくださいね。

ちなみに写真、昨年末食べた黒ゴマ・クリームです。2月28日現在販売停止となっていました。

タルト

P1210511

本日2月28日に食べたタルトです。

本当は玄米シュークリームを食べるつもりで茶遊亭へ行ったのだけど売り切れ!ということで、代わりに食べたタルトがこれ。

5種類の煮豆が乗ったタルトで、見た目が美しいこともさることながら、まさに「和と洋」が見事にマッチした味わいで、甘いタルトを食べていて時々舌の上に乗る塩味が美味しかった!

P1210513

 

甘いものは好き、しかし大量には食べられない私の場合、シュークリームに比べるとヘビーなタルトの場合は最後まで食べきれない事が実は多いのですよね(--)。その上、タルトの上に載ってる煮豆も甘い訳だから食べている途中で飽きてしまうかな?と心配していたけれど、最後の一口まで美味しく頂くことができました。

しっかりとした甘みがある一方で、最後まで飽きずに食べることが出来る理由はタルト台に白あんが練りこまれているため。タルト地に白あんを混ぜると軽くなるのですね。新発見でした。

P1140516

第八話NHKドラマ「いつか陽のあたる場所で」ロケ地訪問

「前持ち」であることが最悪の形で地元の人たちや岩瀬(斎藤工)さんに知られる事となった芭子(上戸彩)と綾香(飯島直子)。

「親となった人間が、我が子より他に守らなければならないものがあるのか。」
「下を向いてばかり歩くな。上を向いて深呼吸でもすれば何とかなるさ、と思えば良い。」

事情を知った後になっても、それまでと変わらず二人に接しようとする地元の人びと、特に竜雷太演じる大石さんの言葉が胸に沁みました。

 

芭子の母親と大石さんが話をしていた場所:日本橋

高速道路が橋の上に通ってから風情はさっぱりなくなりましたが、さまざまなドラマの舞台となりました。

芭子がと岩瀬さんが会った神社:根津神社

P1210408

岩瀬さんと芭子さんの二人は根津神社で逢うのが好きですね(笑)。

「人を愛する」とはやはり「受容」であるのだなぁと思いました。

パン屋を辞めた後に綾香が佇んでいたバス停付近:谷中墓地から上野桜木へ続く道

あの辺りを通るバスは巡回バス位だった気がしますが、綾香が佇んでいたバス停付近は谷中墓地の桜並木を出て上野桜木へ向かう途上の三叉路にあたります。

第八話を観終えて、まとめ

「ロケ地訪問」と題しておきながら現時点で写真が殆どありませんね(苦笑)。

ところで第八話では綾香がパン屋の親父さんから「ちょっと話があるんだけど」と声をかけられるシーンが2回ありました。予告編では一体何を言われるのだろうとドキドキしていたのだけれど綾香が言われたことは「好きなパンを焼いてみろ」でした。

「あ~良かった」と事なきを得て安堵していたものの第八話終盤に2回目となる声掛けがありました。綾さん、辛い。