谷中の桜を巡る 満開宣言

P1230244

▲谷中富士見坂のソメイヨシノ

開花宣言より5日め、東京地方では昭和28年観測以来2番めの早さとなる満開宣言がでました。

P1230245

JR日暮里駅西口側は、江戸情緒を残す寺町谷中に相応しい寺が多くあります。

通称「花の寺」と呼ばれる寺の前には、上野のような喧騒とは無縁な、静かな時間が過ぎていました。

花見寺(修性院)

P1230246

P1230240

▲谷中七福神のひとつ、ひぐらしの布袋(修性院)の枝垂れはまだ固いつぼみでした。

【谷中七福神】

古くは江戸時代、江戸市民が巡った谷中七福神巡りは江戸市中でももっとも古い歴史をもつ行事のひとつで、今なお正月には多くの人が谷中七福神を巡る名所となっています。

花見寺(青雲寺)

P1230231

「ひぐらしの里」として江戸中期より庶民に親しまれてきた谷中。

青雲寺は修性院と並んで花見寺と呼ばれ、花を愛でる見物客に親しまれてきた寺のひとつです。

青雲寺の枝垂れ桜がほぼ満開で美しい姿を魅せてくれました。

平日とは言え、これほど美しい桜を独り占めするのはぜいたくな気持ちになりました。

P1230227

P1230229

P1230233

P1230232

P1230239

青雲寺を出た道端にて。

このところの暖かさで街中は花で溢れていました。

谷中の桜を巡る 開花宣言より5日め

P1230074

 

午前中の谷中霊園は彼岸で墓参りの人をチラホラ見かける程度、とても静かな時間が流れていました。

P1230122

 

こちらは同じ並木道を午後に撮ったもの。車が随分停まっている理由は、彼岸でお墓参りの人が多く来ているということでしょうか。

 

P1230124

 

上野恩賜公園の桜並木と違って枝が高い場所にあるので見上げるように桜を愛でます。

「キーキー」と甲高い鳥の声がしたら是非、枝の上を見上げて見て下さい。

枝が高い位置にあるためなのか、桜の花の蜜を求めて、たくさんのヒヨドリを見ることができます。

開花宣言より5日め 北風も青空の下で桜~上野恩賜公園

P1230117

暖かかった昨日と一転、朝から北風で冬に逆戻りとなった一日でしたが、日中ともなると風も止んで上着が邪魔になるほど暖かくなりました。

P1230089

いつものようにメインの桜並木へ入る前にちょっと寄り道してみました。

東京都美術館近く上野恩賜公園の入口付近、東京藝術大学付の枝垂れ桜も開花が進んで風に揺れていました。

混雑状況

P1230098

大混雑となった昨日に比べれば何とかゆっくり歩ける程度の混雑でした。ちょっぴり肌寒い一日になりましたが、北風で空気がキレイになったのか、久しぶりに澄んだ青空の下、桜の花を愛でることができました。

花見準備状況

P1230094

週末に向けてなのかな?細長いエリアが立入禁止となっていました。

P1230100

ゴミ箱の設置も完成していました。

多くに人が散策に訪れるから用意したゴミ箱だと思うのだけど、ゴミ箱が設置されているからなのか、宴会をした後に大量のゴミを捨てて帰ってしまう人がいるのですよね(--)。

P1230106

「桜の木の上に猫ちゃん親子をみないなぁ」と思ったらこんな看板を見つけました。

数日前に呑気に桜の上に乗った猫の親子を写真に撮っていたのだけれど、あらら、あの猫ちゃんたちは自分たちで木の上に乗ってくつろいでいた訳ではなくて、誰かが載せていたのですね。

確かに、私を含む、多くの人が立ち止まってしまっていたので、桜が満開となる週末に混乱を避けたい公園事務局としては遠慮して欲しいと思ったのでしょうね・・・。

P1230103 

今日もテレビ中継の皆さんを見かけました。

P1230105

渋滞といえば、テレビ中継も相当の渋滞を呼んでいることもあるのだけれどね(^^;

そんなことを知ってか知らずか、テレビ中継隊の一行はメイン通りは避けてちょっと脇道に入ってインタビューしていました。

定点観測中の桜

P1230102

上野メイン桜並木丁度中頃にある桜を定点観測しています。

今日は老夫婦が根元近くでお弁当を広げていたので「スミマセン」と言いつつ2ショット写真を撮らせてもらいました。

P1230095

私がもうひとつ定点観測している桜です。こちらは2分咲きと言ったところでしょうか。

まとめ

P1230112

上野メインとなる桜並木の開花は、桜の開花も更に進んで8分咲き程度まで進んでいました。

寒い一日になるかと思いきや日中、花見には調度良い一日となりました。

谷中の桜を巡る。

P1230004

3月20日春分の日、東京で開花宣言より4日めとなる本日より谷中界隈の桜も追って観たいと思います。

写真はJR日暮里駅西口より出て直ぐの坂にある桜並木の様子です。上野の桜並木と少し遅れて開花が進んでいる模様です。

ほんの数本しかない桜並木ですが、坂道の途中にあること、古き良き寺の景色と一体となって、美しい桜の情景を毎春、映しだしてくれます。

見頃は散り際なので今日より10日後、西陽が坂を照らす夕方がオススメです。

P1230071

 

谷中霊園の桜並木です。

上野の桜並木が余りに混雑することもあって、かつては知る人ぞ知る穴場でしたが、ここ数年は宴会をする人も出て来るようになってちょっぴり驚いていました。

こちらも上野公園の桜並木が5分咲きだったことに比べると少し遅れていて4分咲きと言った感じでした。同じソメイヨシノで咲き加減に差が出るのは、樹齢の違い。上野の桜が横に広く枝を伸ばしている一方で、谷中は上の方向へ伸びていることが理由なのかもしれません。

P1230072

 

「今年は場所取りする人がいないな。」と思っていたらこんな看板を見つけました。

梶井基次郎はかつて「桜の樹の下には屍体したいが埋まっている」と言っていますが、そもそも静かに故人が静かに眠る墓地ですので、故人に思いを馳せることなく酒を飲む場所ではないように思えてなりません。

開花宣言より4日めは「春分の日」で大混雑!上野恩賜公園

P1230024

東京も開花宣言が出て4日目。

最高気温は20.6℃は4月下旬並みの暖かさ。昨日は再び夏日となるほど暑かった!ことも重なって随分開花が進みました。

混雑状況

P1230005

祝日、春分の日の午後という事もあって、JR上野駅公園口改札から出るのも大変!多くの人で上野の桜並木は混雑していました。

P1230026

桜並木から上野駅公園口方面へ出て直ぐ、上野動物園入り口近くに「上野公園さくらマップ」がありました。

「上野の桜」と言えばメインとなる桜並木に多くの人が繰り出しますが、こうしてみると案外、たくさんの桜の花がある事がわかります。

P1230068

ほんの数日前まで工事中だった「時忘れじ時の塔」の直ぐそばにある広場もすっかり工事が終わって、敷物を引いた家族連れなどがお弁当をたべていました。

上野公園で宴会をする時の注意事項

P1230027

動物園前の通りには動物園へ入る人が並ぶのでここで場所取りをするのは遠慮下さい。と言ったことが書いてあるパイロンがおいてありました。

P1230066

上の桜並木より不忍池へ降りる坂道には「宴席禁止」の張り紙が道路に貼ってありました。

あちらこちらでテレビ中継!

P1230015

宴会OKの花見エリアに「ミヤネ」の文字を発見しました。

P1230025

すごい人の先には情報ライブ「ミヤネ屋」の中継が出ていました。

P1230023

こちらはテレビ東京の中継の模様。

シールを貼るタイプのボードを持って「ここ3ヶ月間で日本の景気は良くなったと思いますか?」と花見客に質問していました。

P1230067

こちらはTBSの中継をしていた模様。

考えてみると私が上野桜並木を歩いたのほんの15分程度の間に、3つの局の中継と当たるというのは凄い確率ですよね。

開花状況

P1230017

私が毎日観察している桜の木です。昨日までは至近距離で撮ることが出来のだけど、残念ながら木の前が宴会整備中で近寄る事ができず遠くからの撮影になりました。

P1230019

私が定点観察しているもうひとつの桜の木です。こちらは北側なので他の木と違って1分咲きといったところでした。

上野桜並木全体の開花状況は5分咲きといったところでしょうか。夕方より傘が必要になるほどの雨が降って来ました。