カテゴリー
コラム

スカイツリー和食~國見

スカイツリー31Fにある和食「國見」を利用してみた感想です。

スカイツリー施設内レストランならでは食事の前後に展望台に上るもよし、水族館やプラネタリウムを利用するもよし。

スカイツリー施設内レストランならでは旅気分を味わうことができます♪

國見

和食レストランです。

レストラン予約サイトに書かれたコンセプトを見ると以下のとおり。

伝統の江戸料理を現代に甦らせた國見の“和の食

一休.com

東京ソラマチ(R)最上階となる31階に配し、天井まで届く大きな窓から臨むスカイツリー&東京の景色は最高です。

注目食材は活き蟹・幸手鴨など。

今回はランチ定食を食べたので残念ながら何れも頂いていませんが目の前で調理する様はまるでライブ感とのこと。

次回はディナーで夜のスカイツリーを眺めながら試してみたいです。

今回頂いた料理

スカイツリー展望台に上る前、11時丁度に早めのランチを摂りました。

【平日和定食】お刺身、天ぷらがメイン

   スカイツリー國見「平日和定食」

【タワー御膳】20種類の季節の一口おかずなど 全6品

スカイツリー國見「タワー御膳」

平日和定食は2000円台前半、タワー御膳は2000円台後半の予算で頂くことができました。

私自身は平日限定に惹かれて和定食を食べました。

天ぷらがメインであることから揚げ物好きな人には和定食がおススメです。

隣の芝は青く見える(笑)タワー御膳には様々な食材が入って女性好みと言うべきか費用対効果が良い気がしました。

スカイツリー國見「茶碗蒸し」

感想

実際に利用してみた感想を私自身が優先している項目順に評価(★1~5段階)しています。

コロナ以前は専ら食事内容とコスパ重視の私でしたが、先が見えないコロナ渦にあってはレストラン選びの最優先順位は「安心度」になりました。

また旅に出ることもままならない昨今、気分転換できるロケーションであるかも店選びにとって重要な点です。

安心度

★★★★

入店前の手消毒に加えて清潔感あるお店で好感を持つことが出来ました。

最大二組の客を入れることが出来る半個室でしたが11時入店だったこともあってか私たち二人貸し切り状態で使う事ができました。

食事を共にした友だちとのソーシャルディスタンスも考慮され、テーブルは4人掛けで前・横の席をそれぞれ空けて”はす向かい”に座るスタイルだったため安心してマスクを外すことが出来ました。

ロケーション

★★★★

天井まで届くガラス窓より臨む街の景色と至近距離で見るスカイツリーが素晴らしく、ある意味、展望台で見るより落ち着いてみることが出来ます。

食事内容

★★★

昼の定食を頂いたことから江戸料理らしさはあまり感じることが出来ませんでした。

友だちが食べたタワー御膳は重箱におせち料理さながらひと口サイズの料理が収められ江戸料理らしいのかも?

様々な味を一度に楽しめて良いなと思いました。

コスパ

★★

安心度重視で選んだ店なのでコスパは低くなってしかたないと考えています。

本当に久しぶりにゆっくり友だちと食事を出来たことを考えるとある意味、値段以上の時間を貰った気がします。h

カテゴリー
コラム

GoToイートで安心&お得に食事をするためには?

GOTOイートキャンペーンがいよいよ始まりますね!

GOTOトラベルから外され置いてきぼり感が強い東京都民(私)にとって待ちに待ったキャンペーンですが、コロナ渦でも安心して&最大限キャンペーンを利用する方法を考えてみました。

カテゴリー
コラム

コロナ渦で安心して食べることが出来る店とは?

コロナ渦で久しく外食をしていなかった私でしたが猛暑の中、公園でお弁当を食べることがどうしてもできないことから少しずつ外ランチを再開しました。

何件かのレストランを実際に利用して「あぁこんな店なら安心して食事ができるな」と思った店の共通点を紹介します。

カテゴリー
401_グルメ コラム

地方特産の果物を最高の形で食べるには?

在外勤務が多かった知人曰く「日本ほど美味しい果物がある国はない」とのこと。

確かに、インバウンド需要を観察すると多く観光客がシャインマスカットやスカイベリー、いわゆるブランド果物を大人買いする様をよく目にしものでした※。

※コロナ渦現在は観光客の姿がないのでひとまず過去形。

海外の人も大いに羨む日本の果物ですが美味しい果物を見極めることは意外に難しいモノ。最高に美味しい状態で果物を食べる為のコツと合わせてポイントをまとめてみました。

カテゴリー
119_新橋・虎ノ門エリア 352_岡山 401_グルメ 406_アンテナショップ

岡山白桃で家族みなが笑顔になりました♪

コロナ渦で旅行にも行けず、追い打ちのようにやってきた連日の酷暑で何かとため息が多くなっていたある日のこと。

「白桃の詰め合わせ」が自宅に届いたことで一気にテンションアップ!家族みなが笑顔になりました。