快適で歩きやすい大人靴「くにゃっプス」で1万歩街中ウォーク

フェリシモ販売「くにゃっプス」はどこまで快適で歩きやすいバレエシューズと言えるのか?

自称アクティブ派を代表して日課である1万歩街中ウォーキングを決行!使い心地を検証してみました。

※モニター提供された「くにゃっプス」を使っています。


スポンサードリンク

くにゃっプスとは?

「くにゃっプス」とはフェリシモより販売中のバレエシューズです。

【参考】

Check!くにゃっプス詳細をレビューしています。

「くにゃっプス」で1万歩超ウォーキングしてみた感想

歩きはじめ直後

おろしたて間もない「くにゃっプス」を履いて無謀にも予定歩数一万歩超えるウォーキング・スタートです。

歩き始め第一印象は正直ベース、やっぱりバレエシューズだから履き心地が浅いなぁ。

普段、スニーカーなどアッパー深めの靴ばかり履いて歩くことが習慣化していた人間=私のサガでしょうか...

どれだけ脱げにくい工夫を凝らした「くにゃっプス」と言えどバレエシューズはバレエシューズ、 履き口が浅く心もとないと思ってしまった次第。

「きっと直ぐに脱げてしまうよね」なんて心配を他所に歩き始め間もなく良い意味で「くにゃっプス」に裏切られたことに気づきます。

「これは普通のバレエシューズと違うかも」と特に感じた点はインソール。

足裏にやさしいソフトな当たりはその昔2万円という大枚叩き購入したウォーキングシューズで歩いた時のことを思い出しました。

スタート~3000歩

ウォーキングといってもさすがに最初から無茶はしません。

様子見ならぬまずは電車を乗り継ぎ趣味のヨガをするため会場となる虎ノ門ヒルズまで向かうことにしました。

会場まで歩数にするとせいぜい3000歩程度、靴ならしならぬほんの小手調べです。

ヨガマット持参なので荷物が重い!

快適に歩くには決して良い条件でない中にあって「ふかふかしたインソールはやっぱり気持ち良いなぁ」

無事、会場までたどり着くことが出来ました。

ところでバレエシューズはヨギーに人気が意外とある模様。

着脱簡単、すぐに素足になれるところが良いのかも。

ヨガ会場に到着後、周囲をぐるり見回すとバレエシューズでやって来ている女性が多いことに驚きました。

1万歩越えウォーキング

ヨガを終えた後は本格的なウォーキング。

早目ランチ後は11時30分虎ノ門をスタート、新橋・銀座界隈にあるアンテナショップ経由で二重橋前まで歩くことにしました。

グーグル・マップ計算では1時間弱の歩行ですがあちらこちら店に立ち寄ってのウォーキングなので計2時間かかって二重橋前芝生広場に到着。

「バレエシューズなので長く歩くには向かないよなぁ」など疑念を抱きつつ街歩きするも気がつけば何時ものとおりウィンドウショッピングを楽しむ自分がいて、知らず歩数計は1万歩を超えていました。

普段とは違う靴であることをすっかり忘れて楽しく街歩きできた理由を振り返るに「そういえば一度もパカ脱げしていない!」ことが大きかったを実感しました。

しかしです。

お洒落な靴を久しぶりに履いたこともあって総歩数が1万を超えたあたりから”つま先(なぜか右足だけ)”が圧迫を感じ始めた模様。

そんな訳で二重橋前の芝生広場では素足になってゆっくり休憩することにしました。

まとめ

参考まで、お洒落なバレエシューズながら足の動きに合わせてソールが”くにゃっ”と柔軟に曲がってくれる&”パカ脱げ”しないことから歩きやすい大人靴と話題になった「くにゃっプス」ですがウォーキングシューズとして作らた訳では決してありません。

それを承知でもっぱら個人的な趣味と都合で1万歩いきなり歩いてみようと思った理由は健康とお洒落を両立したいと思っているから。

そもそも今回に限らず、ほんのちょっと街歩きのつもり結果、たくさん歩いていた!ことが多い私にとっては前持って「くにゃっプス」の実力を知っておくことは大切なことと思えたのです。

くにゃっプスを本格的に履いた初日。帰宅後に歩数計をチェックしてみると何と1万6千歩を超えていました。

バレエシューズに対する見方が変わった!

ここまで来ると一般的にウォーキングとしてはハイカーレベル、本格的に歩いた一日となりました。

結果、スニーカー以外の靴でここまで歩けたことでバレエシューズに対する見方が大きく変わることになりました。

今後の方針

柔らかなソールの甲斐あって足裏感触としては良質なスニーカー同等に歩ける感があるも幅広の足を持つ身の悲哀!?

長く歩く内”つま先”が先に悲鳴を上げてしまう心配がどうしても付きまとうことから個人的にくにゃっプスを使ったお出かけは1万歩程度が理想という結果になりました。

サイズについて

これから暑くなる季節、素足または薄手の靴下でバレエシューズを履くことを考えると靴サイズを少し下げて23.5㎝を試してみたいところですが私の場合はやっぱり24㎝が無難かと考えています。

幸い「くにゃっプス」なら薄手靴下でもパカ脱げしないことを確認できているので、つま先に余裕を持たせる意味で今後も24㎝を履くことになりそうです。

ベーシックモデルを試してみたい!

今回、履いてみた”くにゃっプス”はデニム地だったことから足に合わせて伸びないと想像。

次回は使う内に素材自身が伸びて足に馴染みやすいベーシックタイプをチョイス、2万歩越えのウォーキングに挑戦したいと思っています。

くにゃっプスを購入するには?

記事で紹介したくにゃっプスはフェリシモにて購入することができます。

詳細&購入先→超らくちんパンプス くにゃっプス

配達日について

フェリシモでは月一度、定期配達のスタイルを取っているため配達日の指定はできません。

定期配達スタイルですがピンポイントで好みに合うデザインの「くにゃっプス」を購入することができます

キャンペーンについて

現在フェリシモではサイズ交換無料交換キャンペーン実施中。

フェリシモでくにゃっプスを初めて買う人限定!

自分はどのサイズが合うのか今一つ不安な人は自宅でじっくり試し履きすることができます。


スポンサードリンク