茨城アンテナショップカフェ”BARA Cafe”で話題のソフトクリーム実食

茨城アンテナショップ”IBARAKI sense”に併設されたカフェ”BARA Dining(バラ・ダイニング)”へ行ってみました♪

高級志向をコンセプトとしたとのこと。

Bara Cafe(バラ・カフェ)ではソフトクリーム単品でも500円!

周囲に数多ある銀座アンテナショップで提供されている中でも値段は高めの設定・・・「どれだけ美味しいソフトクリームを食べることが出来るんだ!?」アイスクリーム好きとしては期待しない訳にはイキマセン。


スポンサードリンク

路面売り場

Bara Cafe(外側)

BARA  cafe(バラ・カフェ)路面売り場です。

1個500円のソフトクリームは店内ほか路面窓口から受け取って食べることも出来ます。

店内

Bara Cafe(店内)ショーケース

カフェ店内を見るとカフェの看板メニューでもあるパフェの器が並べられていました。

店内でパフェを食べている人がいたのですが予め器に作られたベース上からソフトクリーム+トッピングをすることで短時間でパフェを完成させることがで出来るようになっていると思われます。

ソフトクリーム実食感想

旧茨城マルシェと言えばフレッシュなマスクメロン丸ごと半分使った巨大パフェが有名でしたが新生Bara Cafe(バラ・カフェ)では一般サイズ、フルーツは予め切り分けられたもの、但し値段は高めに落ち着いたようです。

マロンソフト(バラ・カフェ店内)

店内にて、期間限定マロンソフト550円税込みを頂きました。

既存アンテナショップのソフトクリームファンとして以下、熱く語ります!

550円ですが一般的なソフトクリームのサイズ(どちらかと言うと小さ目!?)決して大き目ではありません。

ベースとなるソフトクリームは周囲アンテナショップと同等程度※上質感がある濃いめのソフトクリームです。※何れのアンテナショップで提供しているソフトクリーム自体、その地域を代表しているだけのことはあってレベルが高く濃いめです。

甘さ加減は好みでした。

食べ始めは良いも食べ終わる頃に甘さを持て余してしまうソフトクリームが多い中、最後のひと口迄飽きずに食べることが出来ました。

550円するのだから当たり前!マロンフレーバーを入れただけでマロンソフトと名乗る店が多い中(残念ながら高知アンテナショップのマロンソフトはフレーバー味でした)本物の栗を使った(と思われる上品な味わいはいくらでも食べることが出来ます。

ワッフルは至って普通。

近隣アンテナショップの中で最も高いと思われるソフトクリームを出すのだからその場でワッフルを焼くくらいのパフォーマンスは欲しかったです。




スポンサードリンク