鳥取琴浦町「おかずねぎ」感想とアレンジレシピ

食べて旅気分を味わおうをモットーに日本各地の名産品を食べ比べしています。

今回は鳥取琴浦町の”おかずねぎ”。食欲が落ちる夏に冷蔵庫にあると便利な食材です。


スポンサードリンク

「琴浦おかずねぎ」の魅力と特徴

琴浦おかずねぎ パッケージ

「琴浦おかずねぎ」は鳥取県琴浦町の特産であるネギを使った佃煮です。

佃煮ですがネギをベースとした薄味テイストなので薬味感覚でご飯やパン、食材のアクセントとして活用できます♪

佃煮「おかずねぎ」として展開している商品は今回私が購入した「カレー味」ほか「和風」の2種。

ご飯のお供といえば「和風」にまず目が行ったのですが「夏はやっぱりスパイス系」ということで「カレー味」をチョイスしてみました。

品名 琴浦おかずねぎ(カレー味)
原材料 白ネギ、グラニュー糖、酒、醤油、生姜、カレー粉、塩
販売元 鳥取部品(株)
琴浦おかずねぎ カレー味原材料

原材料は非常にシンプルで手作り感満点です。

パッケージによると製造元は「いなか食品株式会社 はわい加工所」。

自ら「いなか」と言ってしまったり、反面「はわい」に発想が飛んでみたりするところが何だか素敵です。

琴浦おかずねぎ カレー味

おかずねぎ(カレー味)の蓋を開けた途端、部屋中に漂うカレー風味・・とくれば老若男女、カレー好きには溜まりません!

琴浦おかずねぎ カレー味

おかずねぎ(カレー味)をスプーンですくって至近距離でチェックしています。

殆どネギ!

刻んだネギに各種調味料で味付けされている食品という表現が正しい表現かもしれませんw

実食感想

琴浦おかずねぎ カレー味パンに載せてシンプルに

まずはそのまま「おかずねぎ」の味を確かめるべくパンの上に「おかずねぎ」だけを載せて頂きます♪

見た目まるでカレーチャツネ風ですが味もやっぱりチャツネ風。食欲をそそるカレー独特の香りと共に口中には甘みが広がります。

アレンジレシピ

1.卵カレーカナッペ

琴浦おかずねぎ レシピ1作り方
材料 茹で卵、琴浦おかずねぎ
作り方 1.茹で卵1個を粗く刻みます。
2.琴浦おかずねぎをティースプーン1杯程度を加えます。
琴浦おかずねぎ レシピ1

パンに載せて完成。

グリーンアスパラガスとミントの葉を色味アクセントして加えてみました。

茹で卵は刻んで・・と書きましたが輪切りにした上から「おかずねぎ」をチョコンと載せても見た目美しく仕上がります。

琴浦おかずねぎ レシピ1

「おかずねぎ」と一緒に加える具剤を増やしたり、マヨネーズを加えるとことで辛さを軽減させることが出来ます。

反対にカレー粉や胡椒を一振りすることで大人の味にシフトさせることも可能です。

2.カレーがほんのり香るチャーハン

琴浦おかずねぎ レシピ2
材料 白ごはん、琴浦おかずねぎ(カレー味)、好みのナッツ
作り方 白ごはん、琴浦おかずねぎをフライパンで一緒に炒めていきます。
琴浦おかずねぎ レシピ2

仕上げに好みのナッツを刻んで載せます。

ナッツはアーモンドほかクルミがおススメ。ナッツを加える事で香ばしい食感プラス!お洒落なカフェご飯にシフトします。

3.カレー風味ディップで頂くスティック野菜

琴浦おかずねぎ レシピ3
材料 琴浦おかずねぎ、マヨネーズ、好み野菜
作り方 1.野菜はスティック状に切りそろえる。
2.琴浦おかずねぎ、マヨネーズを混ぜ合わせてディップソースを作る。
琴浦おかずねぎ レシピ3

完成!

琴浦おかずねぎにマヨネーズを加えることでマイルドな味わいになります。混ぜ合わせる比率は好みで調整してください。

4.カレー風味のポテトサラダ

琴浦おかずねぎ レシピ4
材料 ジャガイモ、琴浦おかずねぎ、マヨネーズ
作り方 1.ジャガイモは茹でてマッシュポテトを作る。
2.マヨネーズ、琴浦おかずねぎを加える。

比率は写真程度(いい加減で失礼!)好みで調整してください。

ジャガイモ&マヨネーズのみだとマイルドな味わい、琴浦おかずねぎを加えることでアクセントを添えてくれます。

琴浦おかずねぎ レシピ5

ベースのカレー風味ポテトサラダに茹でたキヌアを混ぜてみました。

トッピングとしてカマンベールチーズ、オレガノ、自宅で収穫したため不格好なミニトマトをトッピングしてみました。

チーズとの相性は抜群に良いです。

キヌアはなくても良いのですがプチプチとした食感が出ておいしいです♪クルミなどナッツでもOKです。

今後やってみたいアレンジレシピ

  • アボガドと混ぜて
  • タラや鳥むね肉などタンパクな食材のアクセントとして

何気ない食材、はたまた手抜き料理さえちょっと差が出る料理に変身させてくれる琴浦おかずねぎ!

普段使いとしてはもちろん、おもてなし料理の名わき役として常備しておきたいです。

まとめ

今回、調べて初めて知ったことなのですが鳥取県琴浦はネギで有名な土地なのですよね。

青空に向かい真っすぐ伸びた青いネギの様は見ているだけで元気が貰える感じがします。

鳥取というと”ラッキョウ”のイメージばかり強かった私ですが薬味に使われるという意味では”ネギ”も同格。

瓶入り佃煮なので1日に少しずつ料理に使う事ができて便利です。

佃煮ですが薄味&合成保存料など一切加えていないことから長持ちはしないかと。開封したら早々に食べきってしまうことをおススメします。

「琴浦おかずねぎ」を購入するには?

私自身は東京新橋にあるアンテナショップ「とっとりおかやま新橋館」にて購入しました(2018年7月現在)。

とは言えコンビニ以上に陳列棚の過当競争が激しいと言われるアンテナショップなのでいつまで買うことができるか疑問という訳でオンラインショップを探してみるも不安的中・・・見つけることができませんでした。

どうしても欲しくなったら現地に赴き購入。はたまた電話で問い合わせするほかない模様です。

ふるさと納税

オンラインショップが見当たらないと嘆いていたら琴浦町へふるさと納税すると「カレー味」「和風」双方プレゼントされることが判明しました。

琴浦町ふるさと納税では「被災地支援パートナーシップ」に参画。

8月末までに寄せられた寄附金のうち3%を平成30年豪雨災害の被災された自治体に寄附”とありました。

興味ある方は是非チェックしてみてくださいネ。


スポンサードリンク