東京新橋にあるアンテナショップ(とっとりおかやま新橋館)にて美味しそうな小瓶「海老三昧」を見つけたので購入してみました。

海の幸をこれでもか!というほどギュッと詰め込んだ味わいは一度食べたら病みつきになります。

幸徳堂「海老三昧」とは?

岡山 幸徳堂「海老三昧」

「海老三昧」は岡山県・日生(ひなせ)産の干しエビ、国産アマエビを使ったオイル振りかけです。

食卓に置いて丁度良いサイズの瓶入り。

以前にやはり購入&食べたことがあらる”牡蠣無双”と同じ作り手による新作と知って食べる前から興味津々です。

原材料、栄養成分をチェック。

主役エビのほかに”塩昆布”や”かつおおかか”など旨みの元となる原料が入っています♪

更に味付けに岩塩を使うなど細部まで妥協しないこだわりを感じます。

開封直後の「海老三昧」です。

至近距離で見てみると小さなエビが丸ごと&惜しげもなく入っていることがわかります。

実食した感想

まずは何といっても白ご飯に載せて頂きました。

おいしい♪

温かいご飯はもちろんですが冷めても美味しいのでお弁当、おにぎりに入れてみたいです。

エビそのものの旨みはもちろん、塩昆布、かつおおかかとの相乗効果の成せる業!?食が進みます。

「日本人に生まれてきて良かった」なんて思わずにはいられません。

アレンジ例

ゆで卵のトッピングに「海老三昧」を載せてみました。

マヨネーズを少し加えてもまろやかになって美味しいです。

想像どおり玉子との相性抜群、このままオードブルの1品としてお弁当のおかずとしておススメです。

写真上:茹でた小松菜に和えて頂きました。

味気ない青菜も「海老三昧」が加わることでグレードアップ、手の込んだ総菜になりました。

写真下:冷奴の上に載せてみました。

淡白な豆腐に「海老三昧」のコクが加わることで旨みプラス、食欲がない夏におススメです。

まとめ

詳細

製造元岡山県 幸徳堂
原材料ひまわり油、アミエビ(国内産)、干しエビ(岡山県日生産)、ごま、にんにく、岩塩、塩昆布、かつおおかか、たん白加水分解物、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ソルビトール、カンゾウ、カラメル色素、増粘多糖類、魚介エキス、酸味料)(一部にえび、ごま、大豆、小麦粉を含む)
予算600円

干しエビ産地である岡山県日生について、地図で調べてみると瀬戸内海に面した海の町ということが分かりました。

関西に住んでいれば目と鼻の先なのかな・・「海老三昧」を食べていて、ぶらり車やバイクで訪ねてみたいと思いました。

コロナ渦で思いのまま旅も出来ない昨今、東京に居ながらにしてアンテナショップで旅気分が味わえることに感謝しないといけないですね。