秋田県の「いぶりがっこ」から派生した人気菓子といえばCALDIカルディコーヒーの”いぶりがっこおかき”が有名ですが他にも美味しいお菓子がありました!

”いぶりがっことチーズのパリパリ煎餅”

名まえからしておいしそうです♪

概要

いぶりがっこのパリパリ煎餅

外箱を開けた様子です。

お土産品よろしく整列してきちんと並んでいます。

いぶりがっこのパリパリ煎餅

原材料を確認。

正式な商品名は「いぶりがっこチーズのパリパリ」である模様。

煎餅、更にチーズと言えば塩分が気になるところですが1枚当たり0.14gなので全く気にする必要がありません。

食べてみた感想

いぶりがっこのパリパリ煎餅

お土産品よろしく上品なパッケージに煎餅が一枚ずつ梱包されています。

過剰包装とも思えますがパリパリ命の煎餅の場合、致し方ないことかと。

パッケージ上にお洒落なヨコ文字が書かれているではないか!ということで読んでみると「Tohoku Akita」でした。渋いですw

1枚ずつ個包装されているだけあって開封直後はまさにパリパリ!更にスモークフレーバーが程よく効いて旨みを演出しています。

割ってみるとしっかりたっぷりチーズ※がサンドされていることを確認!

※原材料によると実際はチョコレートコーティング。粉チーズを加える事でチーズらしさを演出しています。

スモーキーな深い味わいにチーズの塩味とコクがプラスされて味としては申し分なし。

更にパリパリな食感が加わる訳でこれはもう何枚でも後引く味となりました。

アンテナショップ巡りで地方の特産品を土産として自宅に持ち帰ることが多いのですが、今回”いぶりがっことチーズのパリパリ煎餅”の場合は開封直後に瞬殺!あっという完食の人気土産となりました。

製造元四季彩
原材料チョコレートコーチング(乳糖、植物油脂、チーズ粉末、全粉乳、その他)、でん粉、ショートニング、乾燥卵白、米粉、たくあん漬パウダー、オニオンエキスパウダー、カラメルソース、食塩、スモークフレーバー、調味料(アミノ酸等)、加工デンプン、乳化剤、香料(原材料の一部に、卵・乳成分・大豆を含む)
予算1400円

秋田土産となるため秋田県の主要土産売り場で販売していると思われます。

私自身は東京有楽町になる秋田県のアンテナショップで購入しました。