山でパンとスープの会in神奈川:楽しい食事編

IMG_2608

津久井浜駅より武山を経て砲台山に到着した私を含む、ノースフェイス「山でパンとスープの会」女子一行は、予定どおり、ここでランチタイム休憩をとることになりました。

11:10am 砲台跡にて。

IMG_2611

11:18am お弁当箱に用意されたスープの材料。

「山でパンとスープの会」ではスープは主催者側であるノースフェイスのスタッフの皆さんが作ってくれます。

リピーターさんが言っていました。山頂で作るスープに同じものは登場しないとのこと。毎回、工夫を凝らしたスープメニューが楽しみです。

IMG_2614

さすが女子会。野菜たっぷりでとても健康的な山ご飯です。

IMG_2616

パンは各自持ち寄りになっているのだけど、オォォーーーさすが女子です。手作りのパンを持ってきた人がいました。

しかもベーグル。

私自身も若い頃はパンを焼いたこともあったけど、早起きしなければいけない前日の何時に焼いたのでしょうか?ベーグルってお湯で茹でないといけないので難しい&面倒なパンのカテゴリーに入っているのですよね。

IMG_2617

11:20am いよいよ班に別れてスープづくりを始めます。

まずは弁当箱から出したベーコンを炒め始めます。

山ご飯ポイント!ベーコンに脂があるので、わざわざ油を引く必要がないですね。

IMG_2618

続けて豆を投入します。

山ご飯ポイント!簡単に火が通るさやいんげんなど利用すると料理時間の短縮につながりますね。

IMG_2620

続けて水を投入。

重たい荷物をここまで運んで下さったノースフェイススタッフの皆さん、お疲れ様&ありがとう御座いました。

IMG_2622

続けてコーン缶を汁ごと入れます。

山ご飯ポイント!缶詰は缶切り不要のものを利用。汁ごと入ればゴミが少なくなりますね。

IMG_2625

合間を見て他の班も見学。こちらは大人数用なので鍋が一回り大きかったです。

IMG_2627

スープづくりの合間に野菜をパクリ。空気のキレイな場所で食べる野菜は美味しいですね。

IMG_2628

投入した具に火が通ったら、最後にスープの元を投入。

IMG_2629

ただのインスタントスープじゃなかった!

北海道のアスパラスープ。このまま飲んでも美味しそう。

IMG_2630

 

IMG_2631

仕上げに常温保存可能な牛乳をいれて味を整えます。

山ご飯ポイント!常温牛乳は山へ持っていける。

IMG_2632

ブルーベリーを凍らせたものを持ってきてくれたスタッフさんもいました。

IMG_2633

11:32am 完成したスープです。これで3人前。

IMG_2637

先ほどのベーグルをおっそわけしてもらいました。見た目もまるで売り物のように素晴らしかったけど、味も美味しかった。山で爽やかな気持ちになれるようにオレンジピール入りでした。

IMG_2638

食後のコーヒーも頂きました。スタバのインスタントコーヒーでした。

IMG_2640

12:10pm 砲台山山頂にて。バーナーで火を起こして熱いスープを飲むには少々暑い一日だったけど、和気あいあい、楽しい時間を過ごすことができました。

山でパンとスープの会:神奈川県/武山~三浦半島を歩くその2

IMG_2584

武山の展望台でしばし景色を堪能した後は、一路砲台山へ向かいました。

10:41 武山山頂、標高200mにて。

IMG_2592

10:47am お昼ご飯を食べる砲台山へ向かいます。

IMG_2593

10:48am

IMG_2597

10:52am 「トトロの世界だ。」さすが女子(笑)。発想が夢いっぱいです。

IMG_2598

10:54am こんな看板を見つけました。「この道はコースではありません。」って私道、農道ってことかしら?

IMG_2603

11:05am この日に訪ねた三浦富士、砲台山、武山の分岐点になります。

IMG_2607

11:10am 第二の目的地、砲台山204mに到着しました。

IMG_2608

11:10am 山の上から海の方向へ、敵へ向かって大砲を打っていたということなのかな?高いところから飛ばせば少ない力で遠くまで飛ばすことができそうですね。でもここまで砲台を持ってくるのは大変だったでしょうね。

ここ砲台山でスープを作ってランチにしました。

楽しい食の様子は別記事にしました。

IMG_2646

13:02pm お腹いっぱいになった一行は、山道らしい道を下っていきます。山歩きしながら私自身も写真を撮っていたりするけど、参加者の女子たちも皆揃ってスマホでパチリ、写真を撮りつつ、中にはツイッターで呟きつつ歩いていました。まぁ山行といってもハイキングなので気軽と言えば気軽のだけど、スマホ山ガールの姿を観るにつけ時代を感じます。

IMG_2647

▲ここはちょっと気をつけて下らないとね。

IMG_2654

13:11pm 第三の目的地、三浦富士183mに到着しました。

IMG_2658

13:27pm 三浦富士より帰路、山を下る途中にて、お地蔵さんがいました。

山ガールのみんなも「可愛い」と言いながら皆で写真を撮っていました。

IMG_2661

13:34pm そろそろ下りきったかな。

IMG_2662

13:35pm 視界が開けると共に畑が眼前に広がり始めました。

1週間前に行った千葉、伊予ヶ岳周辺の里山ものどかで良かったけど、神奈川、三浦半島にもまだまだ豊かな緑が残っているのですね。

IMG_2667

14:24pm 帰路、京急にて。一番前の車両、一番前の席に座ることができました。直ぐに眠ってしまったけど・・・運転手さんごしに進行方向の景色が見られて得した気分。

IMG_2671

表参道ノースフェイス3主催の「山でパンとスープの会」も今回で10回目なのだとか。

歩いた時間はほんの数時間だったけど、みなで和気あいあい山の上で食べたスープとパンはとても良い思い出になりました。

山でパンとスープの会:神奈川県/武山~三浦半島を歩くその1

IMG_2558

表参道にある女性限定ショップノースフェイス3(マーチ)主催のイベント「山でパンとスープの会」に参加してきました。

「山でパンとスープの会」で今回訪れた場所は神奈川県、武山~三浦半島。

三浦半島というと海しかイメージしていなかった私には、神奈川にもこんなにのどかな場所があったんだ、目からうろこの経験となりました。

山というと100名山、果ては富士山など、兎角、有名な場所ばかりに目が行っていたけれど、東京から目と鼻の先にのどかな低山がまだまだあるのですね。

9:11am 京急線、津久井浜駅に集合しました。

IMG_2562

9:19am 天気は曇りがちの晴れ。暑くもなく、山歩きには調度良い一日となりました。

春も過ぎて花はもう終わりかな、と思っていたけど、そろそろ紫陽花の季節だったのですね。

IMG_2563

果物を運ぶためのトロッコと線路がありました。

IMG_2565

9:26am 駅からまだそれ程離れていないこともあって舗装路が続きます。時々見かける花や畑に癒されつつある来ました。

IMG_2567

9:28am 遠くに見える山がこれから行く場所です。

IMG_2569

9:31am 大きなカボチャがなれていました。おいしそう。

IMG_2572

9:47am 平坦な道も終わり、舗装路とは言え少し登り坂になってきました。

IMG_2574

9:54am ここが武山ハイキングコース入口かな。

IMG_2575

舗装路が急に細くなりました。

IMG_2578

10:07am すっかり山道になりました。こうじゃなきゃ気分が乗りません。

IMG_2582

10:27am 武山不動院南門まで到着。

IMG_2585

10:28am 武山山頂にて。展望を楽しむために階段を登ります。

IMG_2586

次の目的地はアンテナ塔?が見える砲台山です。

IMG_2588

武山の展望台にて。残念ながら雲が多くスカイツリーを観ることは出来ませんでした。

IMG_2590

遠くに見えるは海、ここが三浦半島であることを改め実感します。

IMG_2591

10:29am

考えてみると津久井浜駅からほんの1時間程度で武山まで到着していたのですね。豊かな自然に感謝。

その2へ続く。

後編:祝祭スペクタルイベント「レ・ジラフbyカンパニーオフ」はやっぱり凄かった。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0312

「祝祭スペクタルイベント「レ・ジラフbyカンパニーオフ」はやっぱり凄かった。」前編からの続きです。

まだ日が明るい夕方に始まったイベントでしたがすっかり日が暮れて来ました。

けやき坂通りの丁度中間付近、六本木ヒルズ入口付近にて。キリンたち、お水を飲んで休んでいるのかな?

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0309

▲後方に見えるのが六本木ヒルズ森ビル。キリンの赤に彩られ幻想的な様相になっていました。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0319

▲けやき坂を登り切る直前、歌姫と8頭の赤キリンたちが折り返しました。そろそろ最後の舞台となる六本木ヒルズアリーナへ戻る時間です。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0322

▲何度も歩いた「けやき坂通り」をこうして赤キリンたちが横切って行く様子を見ていると、何だか不思議な気持ちになります。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0326

▲大混雑を避けるためイベント一行が戻って来るちょっと前にエンディングが行われる六本木ヒルズアリーナへ戻ってきました。メインスクリーンにはライブ映像が映しだされていました。

写真はライブ映像とリアル映像がジャスト重なった時の様子です。

※ヒルズアリーナ:映画初日にジョニー・デップとかやって来てイベント開催される場所として有名。映画「SP」では爆破事件の舞台にもなりました。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0327

▲ヒルズアリーナに入る直前、終了予定時間となる夜7時までもう間もなく、すっかり暗くなりました。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0332

▲六本木ヒルズアリーナにて。円形の舞台で派手な演出が繰り広げられます。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0334

▲赤い紙吹雪が舞台を舞って観客である私たちの方まで飛んできました。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0337

▲エンディングも佳境。スタッフの皆が中央に集まってきていました。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0341

「おぉキリンの背に乗れるんだ!」

歌姫たちが赤キリンの背に乗って挨拶してくれました。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0343

▲サービス精神旺盛、たくさん手を振ってくれました。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0347

▲赤キリンたちの中で奮闘していたスタッフも出てきて挨拶。

「あれだけ高い位置で良く立っていられるなぁ」

相当、腹筋&背筋を鍛えているのでしょうね。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0351

▲イベントが終わった後は観客たちもアリーナに入って皆で踊ろう!と声がかかりました。

海外だったらもっとノリが良いのだろうなぁ・・踊っている人少ないなぁ・・・など思いつつ、楽しまなきゃ損!私もアリーナに入ってスタッフたちに握手してもらったりして楽しんできました。

カンパニーオフ ラ・ジラフIMG_0352

▲とてもフレンドリーなスタッフの皆さんとの交流がもしかすると一番の思い出かも知れません。終了予定時刻だった7時を大きくオーバー!8時近くに六本木を後にしました。

まとめ

仏らしい演出と美しい歌声にすっかり魅了された夜でした。

「カンパニーオフ」によるスペクタルイベント「レ・ジラフ」。今度はヨーロッパの古い町並みで赤いキリンが歩くさまを観てみたいと思いました。

 

前編:祝祭スペクタルイベント「レ・ジラフbyカンパニーオフ」はやっぱり凄かった。

IMG_0210

仏エンターテイメント集団「compagnie off カンパニオフ」が日本に初来日、4月29日(月 祝日)夕方より祝祭スペクタルイベント「Les Girafes レ・ジラフ」を開催する!と聞いて六本木けやき通まで出かけました。

写真:六本木ヒルズアリーナに出番を待つ8頭のキリンたち。高さ8mもあります。

IMG_0212

写真:六本木ヒルズアリーナに出番を待つスタッフたち。キリンの長い脚の上に人間が乗って歩くのですよね。

IMG_0219

ヨーロッパ旅行をしたとしても、運良く「Les Girafes レ・ジラフ」を観る機会に巡り会えるとは限らないことを考えると、勝手知ったる六本木で見ることができるなんてこの上ないチャンス!とばかり、しっかり観るために開始時間1時間間に六本木に到着するようにしました。

イベント開催前にけやき通は車両通行止めとなって歩行者へ開放。ハートや星、可愛い落書きが道路いっぱいに広がっていました。

IMG_0224

イベント開始直前、スタート地となるの「けやき通」坂下まで大道具を運んでいました。結構大掛かりな装置です。

IMG_0230

赤キリンたちも「けやき坂」通りを下っていきます。

IMG_0235

開始1時間前には殆ど人がいなかった「けやき坂」両サイドにはいつの間にか多くの人で埋まっていました。

私と友だちの二人は人が集まる以前、1時間前にはけやき坂通りまで来てスタンバっていたのでもちろん最前列!なのだけど、一体イベントがどのように展開されるか皆目分からず戸惑いつつ赤キリンたちを見送っていました。

IMG_0227

いよいよ開幕!

でも・・

折角、最前列でスタンバっていたのが何だったのか、けやき坂の入り口付近で一体何をやっているのか全く分からない!余りに遠い!!ということに気づき坂を下って傍に寄ってみることにすしました。

お~やっぱり寄ってみると全然違うゾ!

赤い台に乗って歌姫がオペラ調で歌いだしました。

IMG_0240

主な登場人物は赤い服の女性と先ほどオペラを歌っていた歌姫・・

IMG_0242

そしてちょっと太った男性でした。

赤キリンたちの直ぐ傍を火が横切ります。

「燃えちゃいそう」

観客から声が上がっていました。

IMG_0238

白い煙幕が出るなど演出も凝っています。

IMG_0251

歌姫がゴンドラで高く上に上がりながら歌い続けます。怖くないのかな。

8mと背が高いキリンしかり、ゴンドラを使って立体的な演出は、舞台で魅せる訳ではなく、路上パフォーマンスゆえ、遠くからでも楽しむことが出来る演出なのでしょうね。

IMG_0258

道路近くには赤の制服を着たたくさんのスタッフさんたち!演技のサポートに奮闘しています。

IMG_0260

歌姫が男性を押し倒しているシーン。

男女の恋の話といったストーリー性があるらしいのだけどディテールは今ひとつ分からなかったかも(苦笑)。

IMG_0268

赤キリンたちは2人のスタッフが乗って操っています。

IMG_0273

きりん達が首を優雅にふりながら歩く様はスタッフの努力あってのことだったのですね。

IMG_0280 

キリンに一体どんな風に人が乗り込んでいるのか?

至近距離で観察することが出来ました。バイクに乗っているようにずっと前傾姿勢・・・時々腰を伸ばすことが出来ないと腰痛になってしまいそう(^^;

IMG_0276

少しずつ日が暮れてきた分だけ赤キリンの首のライティングがキレイに輝いて見えるようになりました。

IMG_0278

大太鼓を叩きながら進む男性と支えるスタッフの皆さん。

IMG_0282

キリンと語るように謳う歌姫。

IMG_0288

高い位置からカメラを廻していました。

「レ・ジラフ」一行が進むのと同時に観客も移動していきます。

IMG_0315

けやき坂通り中間地点、六本木ヒルズ入り口付近にキリンたちがやってきました。

「キリンの首の長くて引っかかりそう」

心配の声もあがったものの無事通過できました。

IMG_0313

▲けやき坂通り、六本木ヒルズ入り口付近にて。

男性がドライアイスのボールをキリンたちに差し出します。キリンが水を飲む様子を演出しているのかな。

長くなるので後半につづく。