アウトドアを気軽に愉しく快適に!外あそび最旬グッズ5選

ハンモック

アウトドアで遊ぶ機会が増える季節ですね!

ベルメゾン展示会にて気軽に公園や自宅でも外遊びを愉しく快適に変えてくれるグッズをチェック!

【動画あり】これさえあればアウトドアが更に愉しくなること請け合いのグッズを紹介します。


ベルメゾンでは家族・仲間で楽しめる外あそびグッズを多数展開しています➡️昨年も大人気だったポップアップテントをはじめ、おしゃれなアウトドア用品・キャンプ用品をご紹介!


スポンサードリンク

1.ハンモック

 

ハンモック
ハンモック

ストレス社会の昨今、フィットネスクラブでは「ハンモックヨガ」が導入されるなどハンモックに揺られることによる癒しに注目が集まってきています。

場所を取らない自立型ハンモックであればアウトドアに限らず自宅でゆら~りハンモックの上で揺れる時間を作ることも可能です。

ハンモック
ハンモック

耐荷重量は約100kg。

体格が良い男性が寝ても安心です。

詳細チェック

ハンモック
ハンモック

前出ハンモックのネット(白系)とは別カラーのネット(茶系)です。

伸縮性と強度に優れたハニカム構造とのこと。

編み目になっているので暑い夏もハンモックの上なら快適に昼寝することができますネ。

ハンモック
ハンモック

ネットと本体をつないでいるジョイント部です。

ハンモック
ハンモック

木に吊るさないハンモックでも長くゆ~ったり揺れてくれる理由は本体についたリングがあるから。

ハンモック
ハンモック

地面に設置する足部分にはツルっとした場所にも設置できるゴムパッド付き。

自宅でハンモックを使いたい時はフローリングを傷つけたくないもの。念のためラグマットを敷いて使えば怖いものなし!安心して使えそうです。

ハンモック
ハンモック

ハンモックの角度は2段階に調整可能。

寝心地が良いネットを張るために立ち木を探していた昔が嘘のよう・・・ハンモック設置場所を探す手間がなくなったことでハンモックが一気に身近なモノになった気がします。

ハンモック組み立て&分解の様子

ハンモック
ハンモック

展示会では実際にハンモックを組み立てる様子を男性スタッフが実演してくれました。

大人一人で作業して5分かからない時間で完成しました。

ハンモック
ハンモック

使わなくなったハンモックは専用収納ケースに入れて持ち運び可能。

本格的なアウトドアツールのひとつであったハンモックですがここまで軽くコンパクトになったことで一気に身近になりました。

製品重量は約9kgなのでお米10kgを持てるなら持ち運び可能(笑)電車で公園にちょっとお出掛け、ハンモックの上で森林浴も楽しそうです。

2.エアーソファー

エアーソファー
エアーソファー

最旬アウトドアグッズの進化形、エアーソファーです。

「エアーソファー=空気椅子」と聞くと体育会系ハードな筋トレを思い出してしまう私ですが今記事で紹介するアウトドア用エアーソファーは正真正銘空気が入ったソファーです。

専用ハンドポンプ付き。

空気を入れて膨らませるだけでアウトドアにゆったりくつろぐことが出来るソファーが完成します。

使わなくなったエアーソファーは空気を抜いて折り畳み収納できるので持ち運びに便利。

背面についたバルブが大きいので一気に空気を抜くことができます。

製品重量は約2.74kg。

前出ハンモックに比べると相当軽いため持ち運びも楽ちんです。

エアーソファー
エアーソファー

座面はレーヨン素材なので肌触りもまずます。外側ビニール製なのでちょっとくらい水に濡れても安心です。

エアーソファー
エアーソファー

展示会に来ていたブログ友だちが実際に座ってみた様子を写真に撮らせて貰いました。

「気持ち(・∀・)イイ!!」

アウトドアだけ使うなんてもったいない!部屋の中でも活用したいですね。

3.ポップアップテント

ポップアップテント
ポップアップテント

昨年大ヒット!5秒で組み立て完了で話題のポップアップテントです。

名まえのとおりポップアップ!ほぼワンタッチで組み立て可能。収納すれば座布団サイズに小さくなるのが特徴。

本格的なアウトドアシーンに限らず近くの公園で過ごす時など日陰を頑張って探さなくてもテントを張ることで日陰を作ることが出来る!ということで使う人が爆発的に増えました。

ベルメゾン曰く、材料費軒並み高騰の折、旧バージョンでは持ち運び袋が座布団になったところ簡易袋に変更することでなんとか値段据え置きで出すことができたとのこと。

人気を受けて大小サイズのポップアップテントのほかファスナー付きタイプも登場。

ニーズに合わせて選択肢がグンと広がりました。

4.どこでも簡単日よけドーム

どこでも簡単日よけドーム
どこでも簡単日よけドーム

ポップアップテントの進化形どこでも簡単日よけドームです。

ポップアップテントと大きな違いは日除けに特化していること。

地面にそのまま置くタイプなのでバーベキュー、或いは子どもがビニールプールなど外遊びするときの日除けに使うなど、用途は多種多様に広がりそうです。

どこでも簡単日よけドーム
どこでも簡単日よけドーム

ベルメゾン男性スタッフが「どこでも簡単日よけドーム」組み立ての様子を実演してくれました。

中心にワイヤーを通すことでドーム型を作っていきます。

ポップアップテントに比べると時間はかかるとはいえ組み立て時間にかかった時間は5分程度でした。

どこでも簡単日よけドーム
どこでも簡単日よけドーム

ワイヤーをテント端部にあるポケットに入れ込みます。

どこでも簡単日よけドーム
どこでも簡単日よけドーム

ドーム型を作る屋台骨ワイヤーはテント生地と結びます。

どこでも簡単日よけドーム
どこでも簡単日よけドーム

テント端についたストラップでドームの張り具合を調整していきます。

どこでも簡単日よけドーム
どこでも簡単日よけドーム

ハーフドーム型のしっかりしたテントが組み立て上がりました。

どこでも簡単日よけドーム
どこでも簡単日よけドーム

「どこでも簡単日よけドーム」テント内側より窓を眺めた様子です。

どこでも簡単日よけドーム
どこでも簡単日よけドーム

「どこでも簡単日よけドーム」テント外側より窓を見た様子です。

これだけ大きな窓があれば通気性もバッチリです。

エアーソファー
エアーソファー

「どこでも簡単日よけドーム」テント内に前出「エアーソファー」を置いてみました。

陽射しを気にすることなくリラックス♪

心地良いアウトドアを堪能できそうです。

製品重量は約1kgと見た目に反して意外に軽い。持ち運び用バッグも付いているので公園まで持ち運んで大人も子どもも外あそびを思いっきり愉しみたいですね!

5.蚊とりピック

蚊とりピック
蚊とりピック

展示会にて「可愛い♪」人気が高かった「蚊とりピック」です。

玄関先や庭の鉢上に差して使えばガーディング中の虫よけにもなりますね!

まとめ

久しぶりに最旬アウトドアグッズをチェックしてみて

気軽に近場公園や河原などでアウトドアを愉しむ人が増えたこともあるのか、最旬アウトドアグッズは手軽で簡単、何より安く手に入るようになったなと思いました。

百聞は一見に如かず、実際にアウトドアグッズを使っている様子を動画に収めてみました。

興味ある方は合わせて動画チェックしてみてくださいね。

アウトドアにあると愉しくなるグッズ【動画】


記事で紹介したアウトドアを更に愉しく快適に!外あそび最旬グッズはベルメゾンネットにて販売しています。➡️おしゃれにかっこよくアウトドアを楽しもう♪アウトドア・キャンプ・ハイキングなどに便利なアイテム多数!


スポンサードリンク