日本初出店ロス発ヴァーヴ コーヒーロースターズはストレートがオススメ♪

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)

新宿NEWoMan(ニュウマン)に登場!本格派カフェとして話題のヴァーヴ コーヒーロースターズに行ってきました♪

注文してから1杯ずつ淹れて貰う間、待ち時間も合わせて愉しみたい。香りが良いコーヒーを飲んで久しぶりに幸せな気持ちになりました。


スポンサードリンク

☕️VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)とは?

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)
VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)

「VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)」は米カリフォルニアで生まれた本格派コーヒーロースターです。

日本初出店!

オススメは注文を受けてから1杯ずつ淹れてくれる”pourover(プアオーバー)”。

コンセプトに”cofee is a fruit.”

フルーツのように香り高いコーヒーが特徴です。

店内の様子

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)
VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)

混雑が予想される週末でしたが朝が遅い新宿、開店間もなくの店には並ぶこと無く入ることができました。

そうはいっても引っ切り無し注文が来ることには変わりなく、カウンター内では忙しそうにスタッフが作業していました。

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)
VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)

店内スペースに置かれていたグッズコーナーです。

持ち帰り用コーヒー豆、カップ、ロゴが入ったトートバッグなどがありました。

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)
VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)

店内でコーヒーを頂く時は白木造りのカウンターを使います。

僅か10数名で満席になるほど狭い空間、隣の席とのスペースも決して広いとは言えません。

新宿NEWoMan(ニューマン)
新宿NEWoMan(ニューマン)

狭い店の中でコーヒーを飲むより晴れた日におすすめは店の外に出てコーヒーを愉しむこと。

JR新南口再開発に伴いVERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)周囲には広い空間が広がっていました。

写真:JR新南口改札前広場。反対側甲州街道改札に比べて閑散として静かな空間です。

メニュー

☕️コーヒー

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)
VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)

主要メニューであるコーヒーは大きく分けて以下2つ。

  • Quickcup(クイックカップ)
    いわゆる本日のコーヒー。注文後すぐにコーヒーを頂くことが出来ます。コーヒー内容はその日によって異なるとのこと。カップサイズは8oz・12ozの2タイプより撰択可能。私が訪れた日、朝だったこともあるのかクイックカップを注文している人が圧倒的に多く見受けられました。
  • pourover(プアオーバー)
    注文を受けてから1杯ずつドリップシてくれるタイプのコーヒーです。ドリップする時間がかかるため飲み始めるまで時間がかかるも淹れたての香り高いコーヒーを頂くことが出来ます。オーダーしたコーヒーが出来上がると名まえで呼ばれます。私が訪れた日プアオーバーで頂くことが出来たコーヒーは3タイプ。価格は本格派カフェと同じ程度の印象。

フルーツのように香り高いコーヒーはミルクも砂糖も加えずにまずは飲んで欲しい味です。

☕️エスプレッソ、コールド、ティー

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)
VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)

スタバ浸透ですっかりお馴染みになった「エスプレッソドリンク」メニューも充実。

海外では余り飲まれることがないコールドドリンクも各種揃っている印象。

コーヒーが苦手な人のためにボウル オブ ソウルなどティーも用意されていました。

🍰パティスリー

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)
VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)

パティスリーとしてはカリフォルニアクロワッサン、パウンドケーキ、グラハムクッキー、ドーナツなどを展開。

コーヒーを引き立てるサブ主役ながら美味しそうなスイーツが並んでいました。

コーヒーを飲んでみた感想

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)
VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)

はじめてのVERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)では注文を受けてから1杯ずつ淹れてもらうことが出来る「pourover(プアオーバー)」を注文。

参考まで私がVERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)を尋ねた日、pourover(プアオーバー)として淹れてくれるコーヒーは以下3タイプでした。

  1. MARTINEZ//HONDURAS・・・580円
  2. KAROGOTO//KENYA・・・680円
  3. ELIDA ESTATE GREEN TIP GESHA//PANAMA・・・1800円

パイナップルの酸味、レッドカラントのジューシーな味わいが特徴的なALEXANDER MARTINEZ//HONDURAS(アレクサンダーマルチネス//ホンジュラス)を注文しました。

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)
VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)

10分程度待つと「◯◯様」と名まえが呼ばれます。

クイックタイプのコーヒーを撰ぶ人が多い中ちょっと優越感を味わいながらコーヒーを受け取りにカウンターに行きます。

まずは砂糖もミルクも加えずストレートでひと口。

おぉぉぉ~香りが良い💗

本来であればミルクや砂糖を加えて味の変化をみたいところ、はっきり言って何か加えてしまっては勿体無い味。

スタバ流行でコーヒーに何か加えることが当たり前になっていた昨今、久しぶりに純粋にストレートで飲みたくなる本格派コーヒーに出合った気がします。

多くの人が行き交う新宿駅も午前中は比較的穴場。

週末、開店直後を狙って朝食代わりにVERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)を利用していと思いました。

ヴァーヴ コーヒーロースターズカフェ / 新宿駅新宿三丁目駅代々木駅

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク