第三話NHKドラマ「いつか陽のあたる場所で」ロケ地訪問

いつか陽のあたる場所でロケ地「谷中霊園」

第三話タイトルは「一番好きな人」でした。

芭子がアルバイトを始めたマッサージ店「にじいろ治療院」:未確認

芭子が最初に始めたバイトはマッサージ店の受付けでした。ロケ地となったのはどうやら谷中界隈ではなかった模様。

芭子と綾香が飲んでいた居酒屋:未確認

度々登場する芭子と綾香お気に入り?!の居酒屋さんですね。相変わらず美味しそうなメニューが並んでいました。

ハートケアハウス:未確認

緑豊かなケアハウスですよね。斎藤工さんは自分でパフォーマンスできるように練習したのでしょうね。でも明らかに帽子から風船が何個も出てくる手品はCGだなぁと思いました(笑)。

芭子と綾香が岩瀬さんと別れた道:谷中四丁目付近

ドラマでは何度も登場している場所です。

芭子のお母さんと大石さん(雷竜太)が再会した場所:夕焼けだんだん階段下

 

芭子がお母さんを追いかける為に走っていた商店街:谷中銀座

いつか陽のあたる場所でロケ地「谷中銀座」
写真:いつか陽のあたる場所でロケ地「谷中銀座」

ちなみに行列を成しているのは牛肉のメンチカツで有名な「すずき肉店」です。

ところで芭子が住む谷中4丁目から走って谷中3丁目にある谷中銀座まで、走るとかなりの距離があるんだけど芭子さん走ったのかな?

再び芭子のバイト先のマッサージ店

住所に「谷中3-14-25」とありましたが実際にはないため架空のマッサージ店となりますね。

しかしマッサージチェアが並べてあるだけの店って繁盛するのかな?

芭子が夜中に佇んでいた黄色い滑り台がある公園:日暮里駅横公園

写真:いつか陽のあたる場所でロケ地「JR日暮里駅路脇公園」
写真:いつか陽のあたる場所でロケ地「JR日暮里駅線路脇公園」

写真がこれしかなくて失礼。下の方に小さく写っている黄色い滑り台が多分、芭子が佇んでいたものではないかと。ちなみに芭子の記憶の中で浅野温子演じるお母さんと遊んでいた滑り台は赤い滑り台でしたね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です