第ニ話NHKドラマ「いつか陽のあたる場所で」ロケ地訪問

P1210439

ドラマ第二話タイトルは「強くなりたい」でした。

芭子と綾香が遊びに行った動物園:上野動物園

P1210440

芭子と綾香が観ていた動物はキリン「こんな人生ならキリンに生まれたかった」
猿の親子、8歳になる子どものことを思い出していました。

また大学のゼミで一緒だった真弓に偶然出会うことになります。

芭子と綾香が「真弓さん」の話していた公園:谷中霊園内公園

いつか陽のあたる場所でロケ地「谷中霊園内公園ベンチ」
写真:いつか陽のあたる場所でロケ地「谷中霊園内公園ベンチ」

「誰とも深く関わりたくない」

「もし過去を知られたら、ここにもいられなくなる。」

と語る芭子が印象的でした。

芭子と綾香が「真弓さん」が真弓さんを呼ぶために買い物袋を両手に抱えて歩いていた商店街:よみせ通り

いつか陽のあたる場所でロケ地「よみせ通り」
写真:いつか陽のあたる場所でロケ地「よみせ通り」

花屋さんが見えました。

いつか陽のあたる場所でロケ地「よみせ通り」薬屋前
写真:いつか陽のあたる場所でロケ地「よみせ通り」薬屋前

薬屋さんの看板もチラっと写っていました。

コンビニ台東区谷中店:未確認

よみせ通り商店街から「ちょっと寄れる場所にある」筈のコンビニ住所は「谷中6-5」となっていたけど、実際、よみせ通り商店街から近い谷中は3丁目で6丁目はずいぶん遠いため、架空の設定ですね。

綾香がひとり歩いていた高架:JR日暮里駅近く

いつか陽のあたる場所でロケ地「JR日暮里駅高架」
写真:いつか陽のあたる場所でロケ地「JR日暮里駅高架」

岩瀬さんが手品をやっていた場所:夕焼けだんだん階段下

いつか陽のあたる場所でロケ地「夕焼けだんだん階段下」
写真:いつか陽のあたる場所でロケ地「夕焼けだんだん階段下」

寿司屋さんが定休日となる日に寿司屋さん前でやっていました。斎藤工さんは、パフォーマンスの練習をしたのでしょうか?

芭子が岩瀬さんに名前を聞かれた場所:夕焼けだんだん階段下

いつか陽のあたる場所でロケ地「夕焼けだんだん階段下」
写真:いつか陽のあたる場所でロケ地「夕焼けだんだん階段下」

綾香がひとりで居るゆうたくんと会った交番:谷中霊園内派出所

いつか陽のあたる場所でロケ地「谷中霊園内派出所」
写真:いつか陽のあたる場所でロケ地「谷中霊園内派出所」

ゆうたくんと綾香が外遊びをしていた神社:諏訪神社

西日暮里駅と日暮里駅の間に位置する神社で神社から山手線など線路が一望に見えるため、鉄道ファンの子どもたちなど人気の場所になっています。

芭子と別れた後に綾香が歩いていた場所:谷中四丁目付近

いつか陽のあたる場所でロケ地「谷中四丁目付近」
写真:いつか陽のあたる場所でロケ地「谷中四丁目付近」

向かって右側の店は外国から来た人が、谷中に惚れ込んで開いた「絵処」。襖絵などが飾ってあったと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です