アシックス最新スニーカーはお洒落も旅も楽しめます♪

1-アシックスBK

旅先でも快適に歩きたい。映画やショッピングついでに散歩やウォーキングも楽しみたい。

そんな時「スニーカーやウォーキングシューズだとカジュアルダウンし過ぎた感がちょっと・・・」と思っていた大人の女性(私のことです、笑)に朗報!!

ウォーキングもお洒落も同時に楽しむことが出来るスニーカーを【asics】 アシックスで見つけました♪


スポンサードリンク

ASICS(アシックス)スニーカーが歩きやすい理由

しっかり歩くとは?

ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)
ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)

“歩きやすい靴”を考える前に”しっかり歩く”ことの復習です。

写真は”歩く”という動作を靴で表しています。

地面に着地している部分=写真1、2の動作を箇条書きにすると以下のとおり。

  1. つま先で蹴りだす。
  2. カカトで着地する。

「更にそれぞれの動作は片足ずつ単独ではなく左右両足バランス良く運ぶことで初めてしっかり歩くことが出来る」ということを私たちは普段無意識に実践しながら歩いていることになります。

長く安定して歩くための”アウトソール”

ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)
ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)

ASICS(アシックス)最新「GROOVE CHANGE(グルーヴチェンジ)」を搭載したpedala(ペダラ)のアウトソールです。

実際に歩いている時に靴裏側=アウトソールを下から見ると左右足の位置関係は写真のような感じになっているのではないか・・・と思われます。

「GROOVE CHANGE(グルーヴチェンジ)」で注目すべき点は歩きやすさを追求する上で”片足”ずつではなく”両足”合わせて考えらていること。

すなわち”歩いている状態”でアウトソール屈曲溝(GROOVE)を配置させていることにあります。

ASICS 「GROOVE CHANGE(グルーヴチェンジ)」搭載モデル
ASICS 「GROOVE CHANGE(グルーヴチェンジ)」搭載モデル
  1. 左:大地を駆る為につま先部分に入った屈曲溝
  2. 右:大地に踏み込む為にカカト部分に入った屈曲溝
  3. 点線:歩く際に生じる横揺れを緩和するための屈曲溝

歩行の際に力がかかる「つま先」「カカト」部分にガイド役となる屈曲溝(GROOVE)が左右バランスよく入っていることが分かります。

ASICS 「GROOVE CHANGE(グルーヴチェンジ)」搭載モデル
ASICS 「GROOVE CHANGE(グルーヴチェンジ)」搭載モデル

アウトソール中心部を見るとソール内・外側で黒色プレート面の形や位置、或いは溝の数が微妙に異なっていることが見て取れます。

  • 外腿に比べて内腿が弱いため足の外側加重になりやすい。
    →内腿側に加重がしっかりかかるように面を大きくしている。
  • カーブする際は外側エッジに回転する力がより必要となる。
    →屈曲溝をブロック分けすることで柔軟性を出している。

アンバランスな配置となる理由は歩く際にかかる内・外側バランスを考慮にいれているためだったのです。

快適な歩きをサポート~インソール・ミッドソール

ASICS GEL-MOOGEE(ゲルムージー)

アウトソールに新しく搭載された「GROOVE CHANGE(グルーヴチェンジ)」について熱く語ってしまいましたが快適に歩くためにはミッドソール、インソールも重要なファクターです。

写真:展示会にてスニーカー断面図を見てくることが出来ました。

インソールはつま先、カカトによって素材を切り替えています。土踏まずには膨らみを持たせサポートが施されていることが分かります。

ミッドソールは部位によって僅かずつですが厚みを変えています。

その他、内側がムレ防止のためメッシュ生地が施されているなど長く快適に歩くための工夫を見てとることが出来ます。

最新ソールで歩いてみた様子

ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)
ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)

ASICS(アシックス)最新「GROOVE CHANGE(グルーヴチェンジ)」搭載ソールで歩いた様子をチェックしてみます。

  1. 右足:新たな一歩のために「カカト」より足を踏み込むことができています。
  2. 左足:前方への推進力を出すために「つま先」で地面を蹴り出すことができています。

“長い時間、快適に歩く”ためには大切な足の延長であるソール。

会場内でのごく短い距離でしたがソールによって安定感が大きく異なってくることを確認することが出来ました。

お洒落も旅も楽しめるアシックス最旬モデル

1.黒田知永子さんプロデュースモデルpedala

ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)
ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)

ASICS(アシックス)2016春夏モデルとして新しく登場したpedala(ペダラ)の中でも一番人気と噂される黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)です。

余計なモノを削ぎ落としたデザインとシルバー単色でまとめた都会的な雰囲気が粋でお洒落。

「如何にもスニーカーはNG」「お洒落なスニーカーが履きたい」etc・・・大人の女の気持ちを知り尽くしたデザインはさすが黒田さんプロデュースといった感じ💓

「GROOVE CHANGE(グルーヴチェンジ)」搭載モデルなので長く歩いて疲れにくい機能は折り紙つき。

「機能面が高いスニーカーになるほどデザイン性は二の次」「お洒落を捨てるほかない」と思っていた私にはブレークスルー。

足元に注目が集まりそうな洗練された機能とデザインを兼ね備えたスニーカーは待ちに待った1足となりました。

ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)
ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)

横から見た様子です。

アウトソールの白とアッパーのシルバー、コントラストが美しい。

ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)
ASICS pedala(ペダラ)黒田知永子さんプロデュースモデル(WP555N-93)

後方から見ると装飾されない面の部分が多くなるためシルバー単色ならでは透明感が堪りません。

2.GEL-MOOGEE(ゲルムージー)

ASICS GEL-MOOGEE(ゲルムージー)
ASICS GEL-MOOGEE(ゲルムージー)

コンセプトは「いつものウォーキングがスポーツになる」。

アクティブに動きたい人におすすめ!「GEL-MOOGEE(ゲルムージー)」です。

どんな服にも合わせやすいカラーと言えば黒ですがアッパーカラーを同色系の模様で表現したことでグッと大人の雰囲気に仕上がっています。

同色系でメンズ、レディース共に揃っているので家族、カップルで揃えても素敵です。

ASICS GEL-MOOGEE(ゲルムージー)
ASICS GEL-MOOGEE(ゲルムージー)

個人的に特に気に入ったスニーカーは写真右:「ライトグレー×ライトグレー」カラーの「GEL-MOOGEE(ゲルムージー)」です。

一歩間違えると学校の上履き化しまがちな白系スニーカーも、ストラップの紐を同色系でまとめるなど大人が好む趣向が素敵です。

清潔感あるので暑くなるこれからの季節、様々なシーンで活躍してくれそうです。

GEL-MOOGEE(ゲルムージー)が動きやすい理由

「GEL-MOOGEE(ゲルムージー)」特徴はアシックスならでは効率的に歩くためのアウトソールの他、体重移動を考えたミッドソールを新たに搭載していること。

アシックス説明によると以下のとおり。

かかとが接地してから体重移動する際にミッドソールの中足部がたわんで、下り坂を歩くような加速が生じる構造になっており、蹴り出し時に自然と前方へ進みやすくなっています。

フィットネスジムに通うなど運動大好きな私には「GEL-MOOGEE(ゲルムージー)」を普段使いに履いてアクティブに動きたい気分になりました♪

3.スリッポンタイプpedara

ASICS pedala(ペダラ) スリッポンWP255K-N09
ASICS pedala(ペダラ) スリッポンWP255K-N09

「どれだけお洒落でもスニーカーだとやっぱりカジュアルダウンし過ぎ」と思う人におすすめはスリッポンタイプのpedala(ペダラ)WP255K-N09です。

アッパー素材は天然皮革。

美しい染色が施されたスリッポンが足元にあるだけで存在感たっぷりです。

見た目は普通のスリッポンに見えますがpedala(ペダラ)ならでは長く履いて疲れづらい、歩きやすい機能がしっかり入っています。

ASICS pedala(ペダラ) スリッポンWP255K-N09
ASICS pedala(ペダラ) スリッポンWP255K-N09

横から見た様子です。

高級感あるアッパー素材に加えて細かく施されたステッチがアクセントになっています。

スリッポンでも歩きやすい理由

ASICS pedala(ペダラ) スリッポンWP255K-N09
ASICS pedala(ペダラ) スリッポンWP255K-N09

写真左:アウトソール前方を見ると足の動きをスムーズに運ぶために横方向に屈曲溝が施されていることが分かります。

写真右:アウトソールカカト部分を見ると着地時の衝撃を吸収するためにGELが埋め込まれていました。

アウトソールだけを見ているとまるで機能性スニーカーに思えてきます。

ASICS pedala(ペダラ) スリッポンWP255K-N09
ASICS pedala(ペダラ) スリッポンWP255K-N09

手の上でpedala(ペダラ)スリッポンを押し付けて見ると柔軟に曲がってくれることが分かります。

つま先で大地を駆る時に柔軟にアウトソールがついてきてくれることは疲労感なく長く歩くことができるポイントです。

まとめ

機能性が高めたウォーキング機能とデザイン性はこれまで両立しないと思っていたのですがASICS(アシックス)pedala(ペダラ)ニューラインナップを実際に手にして気持ちが大きく変わりました。

「お洒落シューズに良くここまで機能面を織り込んだなぁ・・・」というのが正直な感想。

エンタメや買い物ついでにウォーキングはたまたエクササイズ♪。

お洒落も運動も同時に楽しむことが出来るようになれば筋肉がついてスタイルアップ!ますますお洒落とウォーキングを楽しむことが出来そうです。

記事で紹介したpedala(ペダラ)、「GEL-MOOGEE(ゲルムージー)」はアシックス公式オンラインサイトにて販売中です。➡️ ASICS WALKING


スポンサードリンク