創エネ「あかりパーク2015」で忘れずに見ておきたい光スポット

あかりパーク2015
あかりパーク2015
あかりパーク2015

上野恩賜公園で本日2015年10月30日(金曜日)から開催された「あかりパーク2015」に行ってきました。

秋の夜空に輝く光の祭典を十二分に堪能するために「あかりパーク2015」に行ったら忘れずに見ておきたい光スポット、作品を紹介します。


スポンサードリンク

あかりパーク2015で見ておきたい光スポット&作品

1.「国立科学博物館」壁面のレーザーパフォーマンス

あかりパーク2015
あかりパーク2015

昨年同様、国立科学博物館正面ではレーザーパフォーマンスが開催されていました。

上映時間は約5分程度。

科学博物館らしく投影されるアニメーションは自然、動物をモチーフにしたもの。

個人的には大好きな栗鼠(りす)が現れて満足。飽きずに最後まで見ることが出来ました。

2.「東京国立博物館」壁面のプロジェクトマッピング

あかりパーク2015
あかりパーク2015

前出「科学博物館」以上に話題に上がる場所のひとつ。

「東京国立博物館」本館正面の壁面では博物館所蔵の名品が次々と投影されていきます。

静止画・・と思いきや投影された仏像が徐々に大きく拡大されたり、ところどころ動いたり、ゆっくりとした動いています。

ちなみに博物館のプロジェクトマッピングを正面でゆっくり見るためには博物館への入場が必須。

昨年までは入場ゲート柵越しに何とか見ることができたのですが今年は柵に近寄ることができないようになっていました(残念)。

博物館に入るためには常設展入場料金ひとり620円(※記事執筆時価格です)で済む訳ですが、入場料金を支払ってプロジェクトマッピングだけ見て帰るのは貧乏症の私には出来ない!ため今回は(も)止む無く入場を諦めました。

次回こそ!プロジェクトマッピングが始まる1時間程度前に博物館へ行って常設展をゆっくり見学後、壁面に投影されるプロジェクトマッピングを優越感に浸りながら見ようと妄想しています。

ところでプロジェクトマッピングされる内容について昨年と同じだと高をくくっていたのですが同じ投影はひとつもなかった(?)気がします。

博物館が貯蔵している名品はいったいいくつあるのでしょう?(笑)。

3.あかりアート作品

あかりパーク2015
あかりパーク2015

昨年同様、美濃市あかりアート展より優秀作品が展示されていました。

展示されている場所は上野恩賜公園噴水脇、東京国立博物館側付近。メイン会場からは少し離れているので静かに明かりの世界を楽しむことが出来ます。

あかりパーク2015
あかりパーク2015

毎年コンテストを行っているのとのこと。レベルの嵩上げを感じます。

紙に光が合わさって、柔らかな世界を繰り広げていました。

あかりパーク2015
あかりパーク2015

キューブの形をした、お祭りのようなイメージが有る灯明です。

あかりパーク2015
あかりパーク2015

曲線の使い方が絶妙。柔らかな光に包まれ幻想的でした。

4.光オブジェ

あかりパーク2015
あかりパーク2015

今年初登場(多分)ピラミッド型の光オブジェが美しく輝いていました。

ピラミッド型の光オブジェを見るコツは斜め上から立った姿勢でピラミッドを見るのがオススメ!

底面に貼られたミラーに光が反射されることでまるで万華鏡のように光の世界を広げてくれます。

あかりパーク2015
あかりパーク2015

こちらは光オブジェを真横から見た様子。

横から見た姿も姿で美しい。

刻一刻、色を変えて行く姿を見ていると心癒されます。

5.ライトタワー

あかりパーク2015
あかりパーク2015

写真一番奥に映っている光輝く塔は「あかりパーク2015心臓部」となるライトタワーです。

ライトタワーより色とりどり、さまざまな形の光が投射、上野の森、地面、噴水に映しだされた様子は幻想的です。

ちかくに近くによって目を凝らして見ると中に人がいることが分かります。

どのような仕組みで上野の森や地面(アスファルト)に光が投影されていくのか身近で体感、学ぶことが出来ます。

6. 創エネ展示テントで開催されている企画

あかりパーク2015
あかりパーク2015

上野恩賜公園中央にある噴水を取り囲むように色とりどりにライトアップされたテントの中には創エネ=エネルギーを創りだす企画展示が開催されていました。

写真はミサワホーム展示ブースにて、ミーフィちゃんたちが出迎えてくれました。

あかりパーク2015
あかりパーク2015

病気の人、或いは高齢者向けに作られたぬいぐるみタイプのロボットが展示されてました。

「まるでゴマちゃんだ!」

海外では既に導入されている事例があるとのこと。病院や老人ホームなどに置いておくことで癒やし効果があるそうです。

あかりパーク2015
あかりパーク2015

「癒やし効果といっても本物のゴマちゃんじゃあるまいし本気になれない!」

第一印象は限りなく斜め目線で見ていた私でしたが・・・実際に触れてみると「可愛い。やばい。」続出。

人の言葉や動きに反応して動くとのこと。決してテキパキした動きではなくゆ~っくりし動きにに癒やされます。

写真:ウインクした姿を見たらもう大変!途端にヤラれてしまいすw。

あかりパーク2015

次世代型有機EL照明も体感することができました。

現在主流となりつつあるLEDライトの場合、光源が強すぎてキラキラし過ぎるといった難点をクリア。やさしい静かな明かりが包んでみくれます。

7.噴水のライトアップ

あかりパーク2015
あかりパーク2015

公園中央にある噴水では「あかりパーク2015」に合わせてカラーで幻想的にライトアップされていました。

個人的に特にオススメは噴水からミストが出てくる時間帯とライトアップが重なった瞬間を体感すること。

お伽話の世界に迷い込んだような気持ちになりました。

あかりパーク2015まとめ

私にとって今年で2度めとなるイベント参加となりました。

「昨年と同じような内容かも知れないから行かなくても良いかなぁ」一瞬怠け癖が過ぎりましたが行って良かった!癒やされました。

あかりパーク2015詳細

開催日時:2015年10月30日(金曜日)~2015年11月3日(火曜日)
開催時間:13:00~20:00(※最終日11月3日は18:00まで)
メイン会場:上野恩賜公園 噴水広場

上野恩賜公園周辺に「創エネ」に関する展示があります。

福島県、宮城県など被災地応援テントなどでごく一部で名産品が置いていますが夕ごはんの足しになるような食事の販売はありません。

参考:動画

「あかりパーク2015」の様子を動画にも収めてみました。→ 創エネ あかりパーク2015


スポンサードリンク