ドライブ、旅行にバスクラフト・ローファーが柔らかくて快適♪

BATH CRAFT

1-2015-04-024
靴専門オンラインストアBath Online Shopで販売中!BATH CRAFT(バスクラフト)シリーズ・ローファタイプの靴がなかなか良いです。

写真は2015年ファッション展示会にて撮影。

カラバリ豊富でお洒落。足にやさしい履き心地はドライブや旅先で長く靴を履いても疲れにくいローファーに仕上がっていました。


スポンサードリンク

BATH CRAFT(バスクラフト)シリーズの魅力と特長

BATH CRAFT

  • 写真上(奥側):BATH CRAFT モカシンローファー
  • 写真下(手前):BATH CRAFT ドライビングシューズ

ファッション展示会ではBATH ONLINE SHOPで人気定番ローファーの2タイプをチェックしてくることが出来ました。

本革を超える人工皮革?!

独特の風合いは京都手染め&後染めならでは。更に適度なシボ感は革靴をイメージさせるも実は人工皮革です。

国内生産です。

革靴の持つ高級感そのまま、革靴に比べてグッと軽量で扱いが楽なことから本革を超える人工皮革と称されています。
BATH CRAFT

  • 写真左:BATH CRAFTドライビングシューズ
  • 写真右:BATH CRAFTモカシンローファー

履き口はドライビングシューズ、モカシン共に小さなデザインの差はあれどほぼ同程度です。

BATH CRAFT

写真下(手前)モカシンローファーは標準的ソールです。

フラットなソールに溝が数本付いているのは足の屈曲に合わせてフレキシブルに動けるようにつけれていると思われます。

「足の動きについてくる」という意味で衝撃的なソールは、何と言っても写真上(奥側)ドライビングシューズの靴裏です(笑)。

上下はもちろん左右方向にも足の動きに柔軟についてくるようにブロック型で仕切られた特別仕様で作られていました。
BATH CRAFT

ソールに引き続き後ろ姿もちょっと個性を出していました。

写真右:モカシンローファーは一般てなローファーと同じ感じ。

一方で写真左:ドライビングシューズのソールが後ろ側まで伸びているところがわかります。車を運転するにはカカトも足裏の一部なのですね^^

長く履いても疲れない理由

バスクラフト ドライビングシューズ
バスクラフト ドライビングシューズ

取り外し可能なインソールはふかふか。一定のクッション性を持たせているのである程度厚みがあります。履いてみると柔らかく足当たりが心地良く癖になります。

バスクラフト スリッポン
バスクラフト モカシンローファー

靴内側に敷かれたインソールを取り出して靴の履き心地を大きく左右する材質をチェックしてみました。

インソールを外してみると更に実感!足を包み込むアッパーは軽く柔らかく仕上がっていました。

バスクラフト スリッポン
バスクラフト モカシンローファー

取り外したインソールもチェックしてみました。夏になると蒸れがちの足先に通気性を高めるための穴が空けられていました。

バスクラフト スリッポン
バスクラフト モカシンローファー

中敷きを外した状態をしつこくチェック(笑)。こうしてみると本革に見えてきてしまうのだけど人工皮革です。

豊富なカラー展開

BATH CRAFT
BATH CRAFT モカシンローファー(白)

BATH CRAFT(バスクラフト)特長&魅力にカラーオーダー。

在庫あれば即納もあるも、基本的に受注後にカラーを後付でつけていくことから2~3週間の期間が必要とのこと。

時間はかかるけどセミオーダーの靴を持つなんてちょっと格好良いと思ってしまいました。

選べるカラーは全部で31種類と豊富なのでコーデに合わせて何足か持ちたくなる感じ。

個人的に、写真白のローファーが美しいと思いました。「純白」な「白」は夏に欲しいカラーアイテムのひとつですよね!

以下ではモカシンローファー、ドライビングシューズについて個別に詳細をチェックしていきます。

バスクラフト モカシンローファー

全体

バスクラフト スリッポン
BATH ONLINEで人気ナンバー4「モカシンローファー」をいろいろな角度からチェックしています。

デザインとしては一般的なモカシンローファーとほぼ同じ。定番シューズとして活躍してくれそうです。

モカシンローファーを履いてみた感想

バスクラフト スリッポン
イエローカラーのモカシンローファーを履いてみました。

私の足サイズ24cm/足幅2E~3Eの間ですが、モカシンローファー24cmで丁度良いと思いました。

思えばこれまで意地を張って(苦笑)ローファータイプ=革靴ばかり履いてきましたが、見た目以上に履きやすいことにビックリ♪

モカシンローファーに足を入れた瞬間、足を包み込むように柔らかい履き心地は一度はいたら革靴には戻れない気がします。

モカシンローファーのユーザーレビューの中に外反母趾の女性も履いている様子が書かれていたけど、これだけ柔らかければ確かに楽だろうなと思いました。

ドライビングシューズ

全体

バスクラフト ドライビングシューズ
BATH CRAFTドライビングシューズをいろいろな角度からチェックします。

ドライビング向けにニーズ特化しながら「BATH CRAFT ドライビングシューズ」人気が高く「BATH ONLINE SHOP」で人気ナンバー3位ということに驚きました。

考えてみると車を日常的に使う女性にとって、アクセル、ブレーキ操作がしやすくて、且つお洒落な靴はありそうでなかった!!ということなのですよね。

最近ではお洒落なスニーカーも登場で車に乗るときもお洒落を楽しむことができるようになったけど、何と言ってもスリッポンタイプのローファーは靴の着脱が楽チン。旅先はもちろん、ちょっとした外出にぴったりです。

アクティブシーンに履ける靴の理由

ドライビングシューズの最大の特長、アウトソールをチェックします。

バスクラフト ドライビングシューズ
バスクラフト ドライビングシューズ

靴を履いたままでも動きやすいことを突き詰めるとここまでやる?!靴全体を片手で折りたたむことが出来るほど柔らかな革で出来ていることがわかります。

これだけ柔らかければ素足感覚で履けて当然だと納得しました。

地面と設置するアウトソールはどうしても固くなってしまうところ、靴裏全体に均等にブロックを配置することで靴全体の柔軟性をキープしつつ、靴裏の強度高くしている仕組みは目からうろこ。びっくりしました。

アクセル、ブレーキと頻繁に踏みかえる必要があるドライブシーンはもちろん、靴を履いたままアクティブに動くことが多い旅先に重宝しそうです。

ドライビングシューズを履いてみる。

バスクラフト ドライビングシューズ
▲一瞬ドキっとするビビットなカラー使いが魅力のBATH CRAFTモカシンローファーを履いてみました。

モカシンローファー同様普段の足サイズと同じ靴でジャストサイズでした。

足幅2E~3Eと足幅広めの私の場合、靴が足に馴染むまで長い期間、或いは靴が足に馴染んだ後でも長く歩く内に足指が痛くなって辛い思いをしていたのだけど、BATH CRAFTシリーズローファーであれば長くアクティブに動けそうです。

私の場合、現在では車を運転していないことから、どうしても「ドライビングシューズ」でなければイケナイ訳ではないのですが、屈曲性が良く素足感覚で履くことが出来るドライビングシューズを旅行シーンで活用したいと思いました。


記事で紹介したBATH CRAFTシリーズ詳細&販売先はこちら→Bath Online Shop


スポンサードリンク