ウィラートラベル・ニュープレミアムシートは上質ソファ感覚でゆったり快適♪

2014年6月東京国際フォーラムで開催されたイベントにて、ピンクのバスで有名な『ウィラートラベル』に登場!最新シート『ニュープレミアム』シートを体験してくること出来ました。

まるで「上質ソファーをイメージさせる座り心地」はバス旅を移動するだけの時間からゆったりくつろぎの時間に変えてくれそうです♪

3014LSウィラー・トラベル2

2014年6月東京国際フォーラムで開催されたイベントにて、ピンクのバスで有名な『ウィラートラベル』に登場!最新シート『ニュープレミアム』シートを体験してくること出来ました。

まるで「上質ソファーをイメージさせる座り心地」はバス旅を移動するだけの時間からゆったりくつろぎの時間に変えてくれそうです♪


ウィラートラベルには『プレミアムシート』他ニーズに合わせて個性的なシートが多数揃っています。
高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

私が『ウィラートラベル』に着目した理由

「ウィラー・トラベル」とは?

1-P1190916
▲街中で一際目を惹く美しいピンクのバスで有名なウィラートエクスプレスです(模型です、念のため)。

プライベート性を重視したシートやゲーム感覚で乗れるシートなど、メディアなどでも度々登場、個性的なシートとして話題になりました。

2-IMG_1723
▲ウィラー・トラベルより発行している小冊子を読んでみると、ウィラー・トラベルの運転手さんが日頃どのようなことに気をつけて運転をしているのか分かります。

シートばかり良くても意味はない。細やかな配慮があってこそ、ぐっずり眠ることができるのだなぁ~と思いました。

1-IMG_1722

▲子どもの頃、バス酔いが酷かった私。大人になって落ち着いてきたものの乱暴な運転手の車ではやはり酔います。

ウィラー・トラベルでは「プロの運転士の常識」として縦揺れ、横揺れ、前後の揺れ、横風による横滑り、4つの揺れをコントロールする技術を全ての運転手に習得させているとのこと。

安心してウィラー・トラベルのバスに乗ることが出来ると思いました。

『ニュープレミアムシート』の魅力と特長

1. 心地よいリクライング機能

「電動ゆりかごリクライニング」は人が眠る姿勢を追求したウィラーオリジナル。全体が沈み込むようにリクライニングし、腰や座面にかかる重心を分散させ、体への負担を軽減します。(ウィラートラベルHPより抜粋)

3014LSウィラー・トラベル-001
▲シート全体は落ち着いた濃紺。ワンポイントとして片側だけに配されたビビッドなオレンジ色が印象的。

手元ボタンをスライドすることで簡単にリクライング可能。足元フットレストもアップできるので長旅でむくみがちな足も安心です。

リクライング;146度(136度+ゆりかご10度)

実際にニュープレミアムシートに座ってみて感じたことは、ほぼ寝ている感じと同じ。

リクライング180度まで行ってしまうとバスの揺れの関係で反対に安定感や安心感が無くなるような気がするのでジャストサイズと思いました。

2. 長く座っていて疲れない理由:徹底したシートのこだわり。IMG_0618

「ソファーのような座り心地」理由は体重がかかる場所ごとに硬さの違うクッションを使用していること。

【カラダを支えるポイントとクッションの関係】

カラダを支えるポイント1箇所目=背中に当たる上部分はふんわりやわらかクッションを採用。(上写真ふsoft表記部分)

カラダを支えるポイント2箇所目=腰を支える固めクッションは固めクッションを採用。(上写真hard表記部分)

P1190908
カラダを支えるポイント3箇所目、お尻全体を支えるクッションには、安定した座り心地のやわらかクッションを採用。

座面;50cm、肘あり:61cmとゆったりした空間です。

3014LSウィラー・トラベル
▲頭の高さに応じてスライドして変えることが出来る枕。

頚椎が弱い私。ドーナツ枕が必須だったけどニュープレミアムシートなら持参する必要がなさそうです。

3. 長旅も癒やされる理由:ゆったりした空間

『ニュープレミアム』シートは横3列、縦8列とゆとりの配置。

シート間隔は117cmで背が高い男性も楽ちん。ウィラートラベルのバスの中でも最大級のゆったり感を実現しているそうです。

ちなみに同じウィラートラベル一般的なバスシートの場合、横4列、縦11列。シート数で単純計算しても約2倍の余裕がありますね。ゆとりある空間はバス長旅でも癒される時間に変えてくれそうです。

  • ニュープレミアムシート:8 × 3 = 24
  • 一般的なシート: 4 × 11 = 44

 4. 長旅も快適に過ごせる理由:充実した設備

3014LSウィラー・トラベル4
▲シート背面ポケットにはペットボトルや厚めの本もすっぽり入る大きめサイズが魅力。
P1190911a
▲写真上部が切れてしまった!シート背面にはスーツも掛けられるフックがついています。服を押さえるためのシートベルトならぬ、服の揺れを押さえるベルトまでついていて細かな配慮が嬉しい。

3014LSウィラー・トラベル3
▲ちょっとした食事はもちろん、パソコン操作する時に便利な折り畳みテーブルは出し入れスムーズな作りになっていました。
P1190907
▲テーブル近くにはソケットがあるのでパソコン電源他、スマホ充電など便利。バス内ではソフトバンクWifiスポットの利用が可能です。

5. 長く居ても落ち着く理由:MYカーテンで確保されるプライベート空間

シート毎にMYカーテンがついているのでプライベート空間もバッチリ確保。

イベント会場で見学できたのはシートのみだった為、バス内で実際にどのように座席間プライベートが保たれているかまでは確認できなかったのだけど、ニュープレミアムシートの魅力のひとつにMYカーテンで確保されるプライベート空間があります。

ウィラートラベルHP内ではMYカーテンの様子詳細が確認できるので参考にしてくださいね。

おまけ:『ウィラートラベル』の顔

3014LSウィラー・トラベル5
▲イベント会場ではウィラートラベルスタッフの皆さんが制服姿を披露してくれました。

「本物の乗務員ではなく宣伝のために着ているだけなのですが・・」とちょっと照れていたけど、お似合いです。

P1190921
「おや、こんなところでPontaに会えるとは♪」

ウィラー・トラベル(一部サービスを除く)利用でPontaカードのポイントが貯まるとのこと。

200円分で1ポイント

コンビニなどでの買い物と違って一度に多くの金額を支払うことになる旅行代理金こそポイントをしっかり貯めるチャンスですね^^。


移動も旅のひとつ。記事で紹介した『ニュープレミアムシート』はウィラートラベルオンラインサイトにて予約できます。→【高速バス】選べる豊富なシートタイプ

【参考】2013年版ですが別記事にてリラックスタイプシート詳細レビューしています。→ プライバシー配慮でリラックス感アップ!ウィラーエクスプレス高速バス感想

リンクシェア レビュー・アフィリエイト


スポンサードリンク