満開宣言より10日目、靖国神社を訪ねる。

久しぶりに暖かな陽射しに恵まれた月曜日は、名残の桜を楽しもうと靖国神社までやって来ました。

実は千鳥ヶ淵で花見をするついでに寄った靖国神社だったのですが、花見の屋台が出て賑わうのも明日4月2日までということもあって、散りゆくソメイヨシノを惜しみつつ、歩いた神社境内は思いの外、静かでしっとりと美しい姿を魅せてくれました。

P1240056

 

久しぶりに暖かな陽射しに恵まれた月曜日は、名残の桜を楽しもうと靖国神社までやって来ました。

実は千鳥ヶ淵で花見をするついでに寄った靖国神社だったのですが、花見の屋台が出て賑わうのも明日4月2日までということもあって、散りゆくソメイヨシノを惜しみつつ、歩いた神社境内は思いの外、静かでしっとりと美しい姿を魅せてくれました。

P1240143

 

木々に残った花と花絨毯、丁度半々といったことろでしょうか。

P1240086

 

屋根の上に積もった桜の花びらが綺麗でした。

桜の標本木

P1240080

 

靖国神社と言えば気象庁が開花・満開宣言をすることで有名な桜があることですよね。写真右手に見えるのが標本木、すっかり葉桜になっていました。

P1240078

靖国神社の屋台

P1240060

 

飲んでいる人ばかりで落ち着いて花見が出来ないと、実は花見のシーズンに靖国神社をゆっくり歩いたことがなかったのですが、こうしてみると屋台もひとつの風物詩になっているように思いました。

P1240059

 

屋台が用意したテーブルには「予約席」なんて貼り紙もあったりして、上野公園の入り乱れた様子に比べると整然と落ち着いた雰囲気があるように思いました。

P1240063

神社入り口付近にならんだ屋台を抜けると、常設の屋台があります。

P1240064

中に入ると昔ながらの店構えがそのまま営業していました。時が止まったような感じがします。

中門鳥居より本殿へ至る。

P1240072

 

大きな御紋がありました。

P1240068

 

P1240140

 

 

本殿前にて。

更に奥へ進む

P1240116

 

風がそよぐ度にまるで雪のように桜の花びらが舞っていました。

P1240139

 

椿の花です。

「大島で見た椿の花はこんな感じだった。」

と一緒に行った友だちが話していました。

P1240136

 

境内のところどころに、植樹された樹がありました。

P1240134

P1240133

茶室

P1240131

 

靖国神社の奥まで来ると茶室がありました。

P1240129

 

奥まっている場所にあるので都会とは思えないとても静かな時間が過ぎていきます。

P1240127

 

春の息吹がところどころにありました。

P1240126

 

ここも茶室の一つ。

P1240125

 

池の中には立派な鯉が何匹も泳いでいました。

柳の青も清々として美しい姿でした。

P1240120

 

こちらも茶室のひとつ、靖国神社境内の中にある茶室はひとつではないのですよね。

P1240119

 

秋にまた訪ねてみると紅葉が美しいかも知れません。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です