千鳥ヶ淵を巡る~暖かな陽射しの中、名残桜を求めて

東京で満開宣言が出て10日目になってから丸の内、千鳥ヶ淵までやってきました。

自然が少ない東京にありながら高低差ある堀に咲く花の様子がダイナミックで、大好きな場所のひとつです。

P1240047

東京で満開宣言が出て10日目になってから丸の内、千鳥ヶ淵までやってきました。

自然が少ない東京にありながら高低差ある堀に咲く花の様子がダイナミックで、大好きな場所のひとつです。

P1240145

満開宣言より10日経ったこともあってさすがに千鳥ヶ淵のソメイヨシノは見頃を過ぎていたものの、その分、人出も少なく、ゆっくりと花を楽しむことができました。

P1240148

桜の樹の下にシャガが満開になっていました。

桜の根は踏まれると痛むという話を聞いたことがあります。

桜の樹の根元にびっしりとシャガなど花が植えられているのは、もしかすると桜の樹の根元を守るためなのかな、と思ったりします。

P1240151

こちらのソメイヨシノは殆ど散ってしまったものの、代わりに色とりどりの花が咲き始めていました。

P1240152

千鳥ヶ淵までやって来たら、ボート上から桜を見上げることをオススメします。

ピーク時は平日でも30分は待たされることがあるのだけれど、桜の季節も間もなく終わりの頃ということもあって、ボートを待つ列も殆どなかったため、久しぶりにボートに乗ることにしました。

P1240161

ソメイヨシノの樹に咲く花のピークが過ぎたとはいえ水面はまさに今が盛り。美しい姿を魅せてくれていました。

P1240164

桜の樹の枝が水面まで迫ってきているので花を間近で楽しむことができます。

ただし、ちょっとよそ見をしていると枝にぶつかってしまうので注意が必要です。

P1240168

桜の枝に花が未だ残っている場所は相対的に水面の花びらは少なくなっています。

P1240171

P1240166 P1240176

つがいなのかな?カモが2羽ボートの近くまで寄ってきてくれました。

P1240190

ボートに乗った後は、ぐるっと皇居の周りを歩きました。

花見客の殆どは、千鳥ヶ淵の桜を見て九段下へ戻る人が多いのだけど、反対側からみる桜もまた美しくオススメです。

P1240191

直ぐ近くに高速道路が走っていること以外は、東京都は思えない風景が広がっています。

但し!首都高と内房通りに挟まれて、壮大な景色とは裏腹に空気は悪いのですよね。歩いている内に少し喉が痛くなって来ました(苦笑)。

P1240192 P1240193 P1240195

皇居です。

P1240198

枝垂れ桜は今が見頃でした。

P1240200

北の丸公園にも桜の樹が意外と多いのですよね。

P1240201

ぐるっと皇居を1周して千鳥ヶ淵まで戻って来ました。

先ほどボートに乗って水面に広がる桜を見た場所です。

本日、廻ったルート


大きな地図で見る


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です