岡山県の特産品を扱うアンテナショップ「とっとりおかやま新橋館@東京新橋」にて「作州黒の味わいようかん」を見つけました。

「黒豆の羊羹は珍しいかも。」

そんな思いで手にしたひと口羊羹でしたが正真正銘「作州黒」を”味わう”ことが出来る味わいに満足しました。


スポンサードリンク

「作州黒の味わいようかん」とは?

作州黒の味わいようかん個包装

「作州黒の味わいようかん」は岡山県北東部に位置する勝英地域で栽培された黒大豆「作州黒」を使った羊羹です。

1口サイズの羊羹で200円を超える値段で虎屋羊羹に近い第一印象(=お高めの価格設定)でしたが原料について調べてみて理由がわかりました。

黒豆と言えば兵庫県丹波市のイメージだったも丹波黒の生産量としては岡山県がダントツ1位とのこと。

その中でも「作州黒」といえば良質な黒豆として有名なブランド黒豆なのだそうです。

なるほど材料にこだわれば虎屋価格になって当然と納得しました(笑)。

作州黒の味わいようかん原材料

改め原材料を確認すると黒大豆はもちろん小豆も岡山県勝英産としっかり明記されていました。

実食感想

作州黒の味わいようかん中身

パッケージ上部を開封、中身を出してみると少し柔らかめ、プルンとした羊羹が顔を出しました。

作州黒の味わいようかん実食感想

半分にカットしてみると作州黒の黒豆が顔を出しました。

大きい♪

見た目は羊羹というより上質な生菓子と言った印象です。

実際に食べてみるとこれがまた美味しい♪

黒豆のしっかりした食感と小豆の漉し餡の食感、2つの味を同時に楽しむことが出来てやっぱり上生菓子のイメージです。

ひと口大とは言えずっしり重たい分量だったので半分だけ食べようと思っていたも美味しくて結局、全部完食してしまいました。

上品な甘さが後を引きます。

まとめ

上品な甘さと大粒黒豆は忘れ得ぬ味となりました。

自分へのご褒美に、甘いモノにこだわりがある人、大切な人へ手土産に持っていきたいと思いました。


スポンサードリンク