大人の街、日本橋に新しくオープンした「コレド室町テラス」を中心に「注目カフェを訪れたい」「穴場カフェでゆったりした」など目的別におすすめのカフェを紹介します。


スポンサードリンク

注目カフェが揃うコレド室町テラス

複合商業ビル立ち並ぶ日本橋にあって今や中心的存在となりつつあるコレド室町テラスには一度は訪ねてみたい注目カフェが揃います。

初出店、雑誌などで話題のカフェなど混雑必至!

落ち着くまで暫くの間はティータイム敢えてを外して利用するなど工夫が必要となりそうです。

1.ISHIYA NIHONBASHI

コレド室町テラスの中でも人気カフェと言えばイシヤ ニホンバシ。

北海道土産「白い恋人」ISHIYAによるプロデュースということで話題。

ISHIYAと言えば銀座GINZA SIX地下にあるISHIYA GINZAもオープン当初はそれは長い行列を作っていたなぁ…なんてことを思い出してます。

ロケーション

ISHIYA NIHONBASHIは一軒家。

総ガラスの大きく張り出された屋根が特徴的なコレド室町テラスの表玄関「大屋根広場」の敷地内にあります。

一軒家ならでは店に入った瞬間、気分は北海道!(と思ったのは私だけでしょうか?)他にはない落ち着いた雰囲気を醸し出していました。

店内

札幌発「締めパフェ」 です。

パンケーキ

ふわふわ&くりーむたっぷりのパンケーキです。

おみやげ

おススメの土産は「サク ラング・ド・シャ」。

ISHIYAと言えばラングドシャですが色とりどりのクリームでサンドされて見た目も美しい仕上がりです。

詳細

場所 1階(大屋根広場内)
席数 48
営業時間 11:00~23:00
パンケーキLOは15:30
その他 ランチあり

2.フェルム ラ・テール 美瑛

北海道より道外で初出店となるフェルム ラ・テール ビエイも行列が耐えない店のひとつです。

店内には北海道の小麦(美瑛産)、ジャージー牛乳、バターを活かしたパンやスイーツが並びカフェも併設しています。

ランチ

フェルム ラ・テール 美瑛ランチ

ランチ予算は1500~2000円程度と勤め人の財布事情からすると少しお高めですがパンビュッフェ付きというところが良いです♪

おみやげ

自宅用におススメは食パンなど人気定番のパンまたはスイーツです。

ただし定番食パンはじめ人気のパンは午前中の早い内で売り切れていたので本気買いしたい時は朝いちばん(と言っても早いのですが・・・)に並んで買いましょう。

お持たせ、はたまた自分へのご褒美に買いたいスイーツは「バターチーズサンド」。

コレド室町テラス店オープン記念で開発とのこと。

それだけでも希少性大!並んででも手土産とする価値大です。

場所 1階
席数 26
営業時間 7:30~21:00
ランチ予算 1200円~

参考までパンビュッフェを享受しつつ最も安値でランチを済ませるためにはパスタをセレクトすることになりますがもう若くはない年代=私にはいくら何でも炭水化物が多過ぎる!

という訳でランチ予算は2000円弱になりそうです。

3.Hakone Bakery Dining & Bar

hakonebakry店内

ハコネベーカリー ダイニングアンドバーです。

箱根ベーカリー新業態として話題。

朝昼はベーカリー併設のカフェ。

夜はタパスと一緒にお酒を飲むことが出来るカジュアルダイニングで昼夜いずれも気軽に立ち寄れる空間になっています。

hakonebakryランチメニュー

時間帯によって提供されるセット、サービス内容が変わってきます。

時間帯 内容 予算
8:00~ モーニングタイム 500~800円
11:00~ ランチタイム 1300~1800円
14:00~ ティータイム 1000円~
17:00~ ディナータイム 3500円~
hakonebakryメニュー

個人的にカフェよろしく朝はモーニングセットがあるのが嬉しい!ランチのメインディッシュはパンに良く合うカレーやシチューなど。

プラス300円でランチデザートを追加することが出来るのも女性としては嬉しい。

場所 1階
席数 41
営業時間 8:00~23:00

コレド室町テラス周辺のカフェ

コレド室町テラスから外に出ても有名人気カフェは存在します。

有名カフェとは言えコレド室町テラスが出来たお陰で少しばかり余裕で利用できるようになったのではと想像しています。

更に知る人ぞ知る穴場カフェも合わせて紹介♪カフェ難民になった時、ゆったり過ごしたい時、頼りになります。

Caffe di FESTA

コレド室町テラスより大通りを挟んで隣にある日本橋千疋屋総本店1Fにあるカフェです。

三井ビルに入ると総じて人の数が減るため客観的にコレド室町テラスを眺めるには抜群のロケーションかと。

千疋屋と言えば同ビル2Fにあるフルーツパーラーでのフルーツバイキングが有名ですがCaffe di FESTAではもう少し気軽&カジュアルに千疋屋の味を楽しむことができます。

一般的なカフェメニューほかランチタイムのみおすすめは千疋屋で売られていたであろうフルーツをたっぷり溶け込ませたカレーです。

江戸っ子な私としては大皿ゆえ直ぐに冷めてしまうのが難点ですがリーズナブルな価格で千疋屋を堪能できるのだから文句は言えません。

場所 日本橋三井タワー1F
席数 店内+テラス席
営業時間 9:00~20:00
ランチ予算 1000円

カフェ エメ・ヴィベール

コレド室町テラスより少し歩くと到達する「コレド室町1」の1階にあります。

日本橋室町界隈カフェでは常に多くの人で賑わうカフェのひとつでしたがコレド室町テラスが出来たことで少し落ち着いたのでは?と想像しています。

まるで古き良きパリのカフェに佇む雰囲気そのまま、行き交う人を眺めつつカフェタイムはまさに大人の世界です。

参考までランチ営業時間が長い点も押さえておきたいポイント。

映画を観たあとなど遅めのランチを頂く時に便利です。

場所 コレド室町1(1階)
席数 50
営業時間 11:00~ 23:00 ※
ランチ予算 1000円

ランチ営業は11:00~17:00

ミカドコーヒー

コレド室町1~3よりほど近い路地を入った場所にある古き良き一軒家カフェです。

早朝から営業しているのが嬉しい。

1Fスタンドでは立ったままですが正規料金より安くコーヒーや名物モカソフトを頂くことが出来ます。

参考まで混雑する週末ティータイムであっても1Fスタンド席であれば待たずにコーヒーブレイク出来ます。

場所 中央区日本橋室町1-6-7
席数 60
営業時間 7:00~19:00
※土日は遅く始まります。
ランチ予算 1000円

長崎アンテナショップ

コレド室町テラスより日本橋を渡って東京方面に向かうと行き交う人も多くなる傾向ながらここは別!?

交差点より少しだけ歩く&目立たないということもあって穴場的存在になっています。

アンテナショップ店内カフェでカウンターのみ6~8名も座れば満席となる大きさですが常連さんぽい人を見受けられ「コーヒー好きな人に愛される店だな」と好感を持つことができます。

個人的に大好きなメニューはソフトクリームが。

長崎名物カステラが添えられ陶器に入ったアイスクリームは何処かレトロな雰囲気で落ち着きます。

場所 長崎館
中央区日本橋2-1-3
席数 8席程度
営業時間 10:00~20:00

定番ランチメニューは存在しないも長崎アンテナショップ内企画でときどき食事が提供されることもあります。

あくまでも不定期ですが。


スポンサードリンク